on-the-time.jp

11月14日

世界ハンストの日(a global day of hunger strike)

国連食品機構(U.N. food agency)の代表が、グローバルな経済恐慌で10億の栄養不足の人々が受けている苦況を訴えるため、水曜日の世界中の人々が断食を行う日に参加するように呼びかけた。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

食料農業機関FAO(United Nations Food and Agriculture Organization)の事務総長ジャック・ジウフ(Jacques Diouf)は、政府機関の本部で月曜日から3日行われる食糧サミットに参加する世界の指導者による活動を奨励するようにを望んでいたと言った。

ジャック・ジウフはサミット目標をレポーターに提示し、サミットの前日に「グローバルなハンストの日(a global day of hunger strike)」として、空腹な世界のものに結束を示すように求めた。

ジャック・ジウフは、土曜日の朝から24時間実施すると言った。

また、政府機関は世界飢餓に対してインターネット上の嘆願に着手した。

ローマを拠点とする政府機関は、2009年に、飢餓が高い現在の食品価格、干ばつ、および戦争と金融危機を非難し、記録的な10億2000万、または6人に1人が影響を受けると発表した。

FAOは、約60人の元首が出席しているWorld Summit on Food Securityが飢餓と戦うために、貧しい国のために農業開発への投資拡大に焦点を合わせて、新しい戦略を是認することを望んでいる。

政府機関によると、1980年代の半ば以来空腹の数は長期の増加で、農業に指定された減少している援助と民間投資に直接関係している。

ブラジル、ナイジェリア、およびベトナムのような小規模農場主と農村貧困者に投資された国は、飢餓傾向にがんこに抵抗している、とジウフは記者会見で記者団に言った。

そしてジウフは、「Eradicating hunger is no pipe dream(飢餓を根絶することは、夢想ではありません。)」「The battle against hunger can be won.(飢餓に対する戦いは勝つことができます。)」と言った。

世界人口は2050年に91億人に推計され、それに対応するには、世界の食品出力能力を70%増加しなければならないと言っている。

それを達成するために、潅漑システム、近代的な機械、種子、および肥料へのアクセスを増加させて、農業者の道路と列車を建設するためにUS$79億と共に、貧しい国は例年の農業援助でUS$440億を必要とする。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告