12-21

納めの大師

毎月21日に法要と縁日が開かれ、1年最後には納めの行事が行なわれ、主に商売繁盛を祈願する。

境内には熊手、羽子板、だるまなどを売る露店が立ち並び、参拝客でにぎわう。
京都の東寺、関東では、川崎大師をはじめ、西新井大師などで、僧侶による読経の中、お護摩札やお守りをお焚き上げするお焚き上げ法楽が執り行われ、その年の最後のイベントになる。

Related Dates