2009-10-28

劇場映画「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」は1日でUS$2010万。

AOLは2009年10月29日に、初日だけで米国国内でUS$740万、海外でUS$1270万をかき集め、全世界で1日にUS$2010万になったと報告した。

ディストリビュータのソニーは、今までで最も良いと言っている。

その前の週末に最高の大当たりで稼ぎ手と言われた映画「Paranormal Activity」はUS$150万だった。
音楽ドキュメンタリーでUS$860万を稼いだ「U2: Rattle and Hum.」に並んだ。

これまでの音楽ドキュメンタリー・チャートの上で、週末までにはマドンナの「Madonna: Truth or Dare」のUS$1,500を抜く勢いで、US$1,920万稼いだ「Jonas Brothers: The 3D Concert Experience」に次ぐ2位になると言っている。

これまででもっとも稼いだ音楽ドキュメンタリーは2008年の「ハンナ・モンタナとマイリー・サイラス(Hannah Montana & Miley Cyrus: Best of Both Worlds Concert)」で、週末までにUS$3,110万を稼いだ。
また、すべての映画ではUS$6,530万を稼いだ。

海外の劇場映画「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」では、イギリスでUS$190万、フランスでUS$140万、フランスでUS$120万、日本でUS$110万であった。

映画は水曜日に99カ国でデビューし、木曜日にはもう10カ国増えたと報告している。