2009-10-29

スマートフォンの27%はUS$200以下。

未来

Cellular-Newsは、ABI Researchからの最新研究調査を紹介し、出荷量が増加するのに応じて、スマートフォン価格が下落して、2007年にはUS$200以下のスマートフォンは18%であったが、2009年には27%まで拡大したと報告している。

ABI Researchは2014年には45%がUS$200以下のスマートフォンになると予測している。
これらの数は、スマートフォンに関する多くの消費者の急激な変化を強調して、ベンダーと携帯電話会社の販売と販売戦略でシフトしたと強調している。

ABI Researchのモバイル器機調査ディレクターのケビン・ヌンデン(Kevin Burden)は、
「メーカーは、スマートフォンが提供する価値の、より良い理解のため、消費者がますますスマートフォンを要求しているのを見ている。」
「ほとんどすべての消費者が以前はよく中でソフトウェアではなく、ハードウェアの物理的な特性に基づいた受話器を選んでいました。」
「それをアイフォンは変えました。より多くのユーザーが、現在、オペレーティングシステムに基づく彼らの受話器とソフトウェアの買い物をしています」
「ソフトウェアは、非常に重要な要素です。」と言っている。

数年前のパソコン並みの機能以上になったスマートフォンがUS$200以下になったと言うことにもなる。

ケビン・ヌンデンは、
「価格はある一定のポイントで成立するでしょう。」
「私たちはUS$30のスマートフォンを決して見ないかもしれません。」
「しかし、時間がたつにつれて、スマートフォンは主流の受話器市場のかなりの部分を侵略すでしょう。」
と言っている。

US$30以下のスマートフォンもでる可能性を完全否定できないのが現状と言える。