2009-10-28

Apple社、ノキアの特許侵害を認めた!

Moco Newsはロイターからの方法として、Apple社がiPhoneを組み立てるために10の特許を侵害したとノキアが起訴したことに対し、Apple社が「活発に起訴状を擁護する。」と誓ったと報告した。

この起訴により、10Kの年次報告が大きくうねった。

さらにApple社には特許侵害で47以上の訴訟が起こされている。
それらの半分以上が2009年に起訴された。

Apple社は事実関係を精査し、ライセンス契約を結ぶことを願っている。

ノキア社は、約40のApple社を起訴している会社は、音声符号化、セキュリティと暗号化など、Apple社と技術契約し、認可すると言っている。

Apple社は携帯電話業界に遅く参入し、一般に言う遅刻企業(新参企業)であり、より多くの大手会社と比べてApple社の所有している特許の量が限定され、その結果としてApple社はロイヤリティの支払い社にならざる負えないと言っている。

エリクソン(Ericsson)社とクアルコム(Qualcomm)社の両社は、モバイル技術をApple社に認可すると言った。

その間、ノキア社、Apple社で切望したマルチ・タッチ特許をつかむことを望んでいるという別の理論は表面化した。

モバイル戦術家のジェイソン・グリグズビー(Jason Grigsby)は、「Apple社には、ノキア社が使用したがっているいくつかのマルチ・タッチ特許があります。」
「ノキア社には、Apple社が侵害している特許があります。」
「それぞれのための何ができるか。」と言っている。

確かにこの5日間の株価は大きく落としたが、年間で見るとそれは小さな動きに過ぎなかった。
投資家にとっては、解決策が明らかになっていることから恵みの下落かもしれない。

Related Dates