on-the-time.jp

11月23日

勤労感謝の日

「勤労をたっとび、生産を祝い、国民互いに感謝しあう」ことを趣旨とし、1948年に法律で定められました記念日。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

戦前の農作物の恵みを感じる日であった「新嘗祭」の日付をそのまま「勤労感謝の日」に改めた記念日。
「新嘗祭」は、「瑞穂の国」の祭祀を司る最高責任者である大王(おおきみ/天皇)が国民を代表して、その年の新穀や新酒を、アマテラスオオミカミをはじめとする天地の神々に供えて感謝し、自らも食す儀式で、神膳には、その年の新穀から作った、米、粟のご飯と粥、白酒(しろき)と黒酒(くろき)が供えられます。その後に、天皇が新穀を食す儀式が行われた。
律令制度のもとでは、季秋(9月)11日に「神嘗祭」、仲冬(11月)の最初の卯の日に「相嘗祭」、2番目の卯の日に「新嘗祭」を行うことになっていた。
この「新嘗祭」のうち、天皇が即位してから最初に行う「新嘗祭」をとくに「大嘗祭」といい、これが天皇の即位を天下に知らしめる大規模な祭典となっていた。

現在も伊勢神宮では10月の15〜25日に「神嘗祭」、11月23日に「新嘗祭」を行っている。
宮中では10月17日が「神嘗祭」、11月23日が「新嘗祭」になっている。
日本書紀では、皇極天皇元年(642)11月16日に「新嘗祭」の記述がある。

目に見えて返ってくることが少ない現代で、労働に対して「農作物」という形のあるもので、目に見えるようにして、勤労の目的を再認識する日という意味がこめられた。

戦後発行された衆議院文化委員受田新吉著の「日本の新しい祝日」には、勤労の意味とは「肉体的な労働によって物品等を生産するということにのみ終始するものではなくて、精神的な方面においても一日一日を真剣に考え、物事の本質へと深めてゆく研究態度にも勤労の大きい意味は存在し、創造し、生産していくことの貴重な意義ある生活が営まれていくことが出来る。物質的にも、精神的にも広い意味での文化財を建設してゆくことは、生産ということの正しい理解の仕方である」と書かれている。

また、日本の「勤労感謝の日」は、米国で9月の第1月曜に祝われる「Labor Day」 の影響を受けているという説もある。
ただし、「新嘗祭」であれば、米国には11月最後の木曜日に「Thanks Giving Day(感謝の日)」に近いことになる。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

gaYa広告