gaYa広告

11月15日

家族の日

多くの人に子育てを共に喜び支えあう家族の素晴らしさ、家族を支える地域の力を再認識してもらおうと、2007年から新たに設けられた11月の第3日曜日の記念日。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

同時に「家族の週間」もできた。
子育てを支える家族・地域のきずなの重要性について集中的に訴えかけている。
日本は2005年に、はじめて出生数が死亡数を下回り、人口減少社会が到来した。
少子化の進行等に伴う人口減少は、経済産業や社会保障の問題にとど まらず、国や社会の存立基盤にも関わる大きな問題といえる。
そこで国として、少子化を食い止めるために様々な対策を総合的に推進することになった。
これまで推進してきた安心して子どもを生み育てる環境の整備、政府において憲章や行動指針の策定に向け検討中のワーク・ライフ・バランスの推進はもちろん必要だがが、同時に、家族や地域のきずなが弱まっていると言われる今こそ、自然に子育ての楽しさや大切さが受け継がれ、子育てを共に喜び支えあう家族の素晴らしさ、家族を支える地域の力を社会全体の意識の中で共有することが大切で、このため、長期的視野に立った意識改革の運動として「家族・地域のきずなを再生する国民運動」を実施することになった。

「家族の日」「家族の週間」の期間中は、ふだんは仕事で忙しく帰宅時間が遅いという人も、できるだけ早く帰宅し、家族と触れ合う時間をもちながら、子育てについて、家族について、もう一度振り返って考える機会を提唱している。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。