2009年10月15日

オープン・コア・コミュニティのターミナル化が市場拡大につながる。

Editor and Publisherは、ニューヨークタイムズ(New York Times)がコア地域の東北部外の都市で数種類のローカル・ニュースの配信を計画しているが、初期としてサンフランシスコで開始すると発表したと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

そこでは、新聞のために10人の局員が他の報道機関からのコンテンツを利用して、ローカルの適用範囲でニュースをファイルすることになる。

木曜日に発表されたニューヨークタイムズは、毎週金曜日と日曜日にサンフランシスコの地域でページのローカルのコンテンツを加えた。

ニューヨークタイムのリリースは「新しいページは長い間、国内の領域でタイムズの人気があるニュース・プロバイダとして、グローバルな適用範囲の補足となるでしょう。」
「湾岸地区のページは、初めは、書かれてニューヨーク・タイムズのジャーナリストと貢献者によって、サンフランシスコ、シリコンバレー、東湾、および領域で公務、文化、およびライフスタイルに焦点を合わせて編集されていて、ローカルの関心の積極的な適用範囲を含むでしょう。」
と述べている。

それは、「長期的目標が、協力的な道、および他の主要な市場に最初として湾岸地区、そして国中の地元のジャーナリストと報道機関と働くことになるでしょう。」と言い足します。
発表は、タイムズが同様の適用範囲のため、シカゴで潜在的ニュースプ・ロバイダと話ししていることを明らかにしたが、どの特定の報道機関かは明らかにしなかった。

これは、ニュース・コミュニティの連携と言うことになる。
これからは、オンラインでコミュニティの連携が興味深い状態で発展するかもしれない。

ただし、10人の局員というのが多すぎるようにも感じる。
固定化しないで、どんどん人を変えていくと、面白いことになることだろう。
それが世界中に広がると、ニュース・ターミナル化にもなる。

これからは、オープン・コア・コミュニティのターミナル化が市場拡大につながるかもしれない。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

gaYa広告