on-the-time.jp

2009年10月15日

オープン・コア・コミュニティのターミナル化が市場拡大につながる。

Editor and Publisherは、ニューヨークタイムズ(New York Times)がコア地域の東北部外の都市で数種類のローカル・ニュースの配信を計画しているが、初期としてサンフランシスコで開始すると発表したと報告した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

そこでは、新聞のために10人の局員が他の報道機関からのコンテンツを利用して、ローカルの適用範囲でニュースをファイルすることになる。

木曜日に発表されたニューヨークタイムズは、毎週金曜日と日曜日にサンフランシスコの地域でページのローカルのコンテンツを加えた。

ニューヨークタイムのリリースは「新しいページは長い間、国内の領域でタイムズの人気があるニュース・プロバイダとして、グローバルな適用範囲の補足となるでしょう。」
「湾岸地区のページは、初めは、書かれてニューヨーク・タイムズのジャーナリストと貢献者によって、サンフランシスコ、シリコンバレー、東湾、および領域で公務、文化、およびライフスタイルに焦点を合わせて編集されていて、ローカルの関心の積極的な適用範囲を含むでしょう。」
と述べている。

それは、「長期的目標が、協力的な道、および他の主要な市場に最初として湾岸地区、そして国中の地元のジャーナリストと報道機関と働くことになるでしょう。」と言い足します。
発表は、タイムズが同様の適用範囲のため、シカゴで潜在的ニュースプ・ロバイダと話ししていることを明らかにしたが、どの特定の報道機関かは明らかにしなかった。

これは、ニュース・コミュニティの連携と言うことになる。
これからは、オンラインでコミュニティの連携が興味深い状態で発展するかもしれない。

ただし、10人の局員というのが多すぎるようにも感じる。
固定化しないで、どんどん人を変えていくと、面白いことになることだろう。
それが世界中に広がると、ニュース・ターミナル化にもなる。

これからは、オープン・コア・コミュニティのターミナル化が市場拡大につながるかもしれない。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

gaYa広告