on-the-time.jp

2009年10月15日

オープン・コア・コミュニティのターミナル化が市場拡大につながる。

Editor and Publisherは、ニューヨークタイムズ(New York Times)がコア地域の東北部外の都市で数種類のローカル・ニュースの配信を計画しているが、初期としてサンフランシスコで開始すると発表したと報告した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

そこでは、新聞のために10人の局員が他の報道機関からのコンテンツを利用して、ローカルの適用範囲でニュースをファイルすることになる。

木曜日に発表されたニューヨークタイムズは、毎週金曜日と日曜日にサンフランシスコの地域でページのローカルのコンテンツを加えた。

ニューヨークタイムのリリースは「新しいページは長い間、国内の領域でタイムズの人気があるニュース・プロバイダとして、グローバルな適用範囲の補足となるでしょう。」
「湾岸地区のページは、初めは、書かれてニューヨーク・タイムズのジャーナリストと貢献者によって、サンフランシスコ、シリコンバレー、東湾、および領域で公務、文化、およびライフスタイルに焦点を合わせて編集されていて、ローカルの関心の積極的な適用範囲を含むでしょう。」
と述べている。

それは、「長期的目標が、協力的な道、および他の主要な市場に最初として湾岸地区、そして国中の地元のジャーナリストと報道機関と働くことになるでしょう。」と言い足します。
発表は、タイムズが同様の適用範囲のため、シカゴで潜在的ニュースプ・ロバイダと話ししていることを明らかにしたが、どの特定の報道機関かは明らかにしなかった。

これは、ニュース・コミュニティの連携と言うことになる。
これからは、オンラインでコミュニティの連携が興味深い状態で発展するかもしれない。

ただし、10人の局員というのが多すぎるようにも感じる。
固定化しないで、どんどん人を変えていくと、面白いことになることだろう。
それが世界中に広がると、ニュース・ターミナル化にもなる。

これからは、オープン・コア・コミュニティのターミナル化が市場拡大につながるかもしれない。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告