on-the-time.jp

2009年10月15日

地方を衰退させた大きな原因を解決できる事例!

OpenX

Media Network WeblogはFinanciarul.roからの情報として、ルーマニアのCNA(National Council of Audiovisual/ナショナル監視委会議)が、南ルーマニアのSC中央コンサルティング(SC Centrum Consulting)のSRL Targu Jiuが少数派民族が集中している衛星チャンネル・テレビ「Bahテレビ(Bah TV)」を開設することを認可したと報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

新しいチャンネルは、ルーマニア人と他の民族ではなく、また、少数民族間のすべての分岐の除去になるように全国で放送する。

これは面白い試みになった。
つまり、地方テレビを全国で見ることを可能にした。
日本は、地域地域で地方テレビを放送しているが、日本全国の地方テレビをどこでも誰でも見ることを可能にすることは、デジタルTVならそれほど困難なことではない。

その広告を広告代理店が「OpenX」を使って管理することで、中央TVが全国を管理してきた体制を破壊し、地方の活性化も可能になり、もちろん、各地方番組の売買も可能になり、奴隷的中央TV依存が解消できる。

もしかすると、この方が合理的で、中央集権に偏りすぎた問題を解決できるかもしれない。

この中央集権思考が地方を衰退させた大きな原因であった。
それは同時に能力もさほどないのに、一極集中型タレントといわれる「たけし」「さんま」「タモリ」まで育ててしまった。
彼らがしてことは、残念ながら何も社会に還元されていない。

これは総務省(元郵政省)の大きな失敗であった。

プログラム・マネージャのホリア・エネゼル(Horia Enasel)は「よく指示されたプログラムに基づいて、私たちは、異民族がお互いに自分達の問題を解決することを何とか助けることができました。」
「私たちはテレビ番組で特別な放送を様々な少数に捧げさせるつもりです。」
「チャンネルの言語はルーマニア語になるでしょう。」「例えば、'Bah(やあい)'はジプシーの言語で'幸運(good luck)'です。」と言っている。

日本でも方言丸出しTVが一杯出てくると面白いし、地方のTVが宣伝する商品で面白いものを発見できる可能性も一気に広がる。

方言丸出しTV同士の対決もデジタルTVなら、さらに面白くなる。

地方ごとに有名タレント対決も見てみたい。
中央にいないと食えないタレントが一気に地方にばらまかれる。

また、ホリア・エネゼルは、2009年12月に放送し始めるため、スタジオがブカレストにできると言った。

やり方によっては、とんでもないことになる。
デジタルTVの可能性を探ると、まだまだ盲点は多く残っている。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。