2009年10月15日

地方を衰退させた大きな原因を解決できる事例!

OpenX

Media Network WeblogはFinanciarul.roからの情報として、ルーマニアのCNA(National Council of Audiovisual/ナショナル監視委会議)が、南ルーマニアのSC中央コンサルティング(SC Centrum Consulting)のSRL Targu Jiuが少数派民族が集中している衛星チャンネル・テレビ「Bahテレビ(Bah TV)」を開設することを認可したと報告した。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

新しいチャンネルは、ルーマニア人と他の民族ではなく、また、少数民族間のすべての分岐の除去になるように全国で放送する。

これは面白い試みになった。
つまり、地方テレビを全国で見ることを可能にした。
日本は、地域地域で地方テレビを放送しているが、日本全国の地方テレビをどこでも誰でも見ることを可能にすることは、デジタルTVならそれほど困難なことではない。

その広告を広告代理店が「OpenX」を使って管理することで、中央TVが全国を管理してきた体制を破壊し、地方の活性化も可能になり、もちろん、各地方番組の売買も可能になり、奴隷的中央TV依存が解消できる。

もしかすると、この方が合理的で、中央集権に偏りすぎた問題を解決できるかもしれない。

この中央集権思考が地方を衰退させた大きな原因であった。
それは同時に能力もさほどないのに、一極集中型タレントといわれる「たけし」「さんま」「タモリ」まで育ててしまった。
彼らがしてことは、残念ながら何も社会に還元されていない。

これは総務省(元郵政省)の大きな失敗であった。

プログラム・マネージャのホリア・エネゼル(Horia Enasel)は「よく指示されたプログラムに基づいて、私たちは、異民族がお互いに自分達の問題を解決することを何とか助けることができました。」
「私たちはテレビ番組で特別な放送を様々な少数に捧げさせるつもりです。」
「チャンネルの言語はルーマニア語になるでしょう。」「例えば、'Bah(やあい)'はジプシーの言語で'幸運(good luck)'です。」と言っている。

日本でも方言丸出しTVが一杯出てくると面白いし、地方のTVが宣伝する商品で面白いものを発見できる可能性も一気に広がる。

方言丸出しTV同士の対決もデジタルTVなら、さらに面白くなる。

地方ごとに有名タレント対決も見てみたい。
中央にいないと食えないタレントが一気に地方にばらまかれる。

また、ホリア・エネゼルは、2009年12月に放送し始めるため、スタジオがブカレストにできると言った。

やり方によっては、とんでもないことになる。
デジタルTVの可能性を探ると、まだまだ盲点は多く残っている。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

gaYa広告