on-the-time.jp

2009-10-15

NASAのIBEXは、私たちの銀河で初めての視点を提供する。

NASAは、宇宙船「IBEX(Interstellar Boundary Explorer)」で、科学者が銀河の中で私たちの太陽系(Milky Way galaxy)とその位置の包括的な最初のスカイマップ(sky map)を構成することを可能にしたと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

新しい視点は研究者が私たちの銀河と太陽との相互作用を見て、研究する方法を変えることになる。

スカイマップは宇宙船の上の2個の探知器が6カ月の観測の間に集めたデータで製作された。
探知器は、科学者が言及する粒子をエネルギー中性原子(energetic neutral atoms)を測定して、明確にした。

エネルギー中性原子は恒星間の境界領域として知られている私たちの太陽系の領域で作成される。
この領域は、太陽風と呼ばれる太陽からの荷電粒子が外側を遠くに惑星の軌道を超えて流れて、星の間で材料と衝突する。

エネルギー中性原子は10万mphから240万mph以上に及ぶ速度で、恒星間の宇宙から太陽に向かって移動する。

この恒星間の境界は従来の望遠鏡で集めることができる光を全く放っていなかった。

新しい地図は私たちの太陽圏と、ローカルの星間物質と呼ばれる私たちの銀河で最も近い範囲を切り離す領域を明らかにする。
それは、宇宙を旅行する危険な宇宙線の大部分を捕獲し、私たちの太陽系を保護している。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.