gaYa広告

2007年10月25日

日本は3G携帯電話、北米は無線LANが優先!

Infonetics Researchは、最新のレポートを公開し、2011年に米国の中小企業や大企業で3Gデータ通信は17%になり、モバイルWiMAXが11%まで浸透すると予測を報告している。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

また、無線LANは北米で2011年までに73%の組織が導入し、無線メッシュは11%が構築されると報告している。

日本はすでに、ほとんどが3G時代に突入しているが、米国の場合は3Gより無線LANに重点が置かれていることが明確になようです。

日本は、3Gで携帯電話会社が収入を確保し、無線LANに乗り遅れる可能性が高いとも言える。

Infonetics Researchのレポート記事を書いた無線アナリストのリチャード・ウェブ(Richard Webb)は、「モバイルは利用するコミュニケーション戦略の基本的な部分と、ワイヤレス・ネットワーク・サービスで、総合的なネットワークの本質的な部分であるので、ますますユーザー組織によって見解が異なってくる。」「無線電信はもう別々の非管理された世界で、国境が無くなるだろう」と言っている。

これは無線LANを中心に考えたことで、3G携帯電話の場合は、依然と国境に影響することになり、通信料金は高いままになることでしょう。

ウェブは、「無線LANの帯域、浸透と、アプリケーション、可動のデータの本格的な拡大は、2009年からになるだろう」「これらの中で注目に値するのは、テレビ会議が2007年の使用者割合が25%から、2009年には34%まで成長し、ビデオ監視は2007年の24%から、2009年に32%、無線VoIPは2007年の18%から、2009年には29%まで成長する。」と予測している。

どちらがユーザーに取って、安くて便利か?

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告