gaYa広告

2007年10月25日

スリランカ政府は、反逆攻撃ストーリーを放送した局を閉鎖!

Google NewsはAFPからの情報として、スリランカ政府が反逆者攻撃に関する誤報で民間人に対して混乱を招いたと言うことで、「スパーク」という言葉で解説した政府役人は、コロンボの放送局を閉鎖したと言ったと報告した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

RSFは2007年10月26日に、ABC(Asia Broadcasting Corporation)に所属するSun FM、Gold FM、Hiru FM、Shaa FM、およびSooriyan FMと言う5つの放送局に誤報を放送したとして、免許を中断させしたことに対して、報道の自由機構が政府の罰則処置を非難し、免許の即座復活を要求したと報告している。

その内容は、タミールの反逆者達が攻撃を仕掛け、南部のティッサマハラマ地域(Tissamaharama area)のRanminitenna村住民が慌てているというレポートを放送し、街中がパニックになり、情報省がMahinda Rajapakse首相の命令として調査した後に、攻撃が全く無かったことを確認し、免許停止を発行した。

タミールは海遊民族で、インドネシアからアフリカまで広い地域に住み、神出鬼没で、有名な話としては、バスコ・ダ・ガマ(Vasco da Gama/1469? - 1524)がインド航路を発見したとき、すでにタミール人はインドとアフリカを頻繁に船で行き来していて、バスコ・ダ・ガマがラムー(Lamu)に居たときに、タミール人がインドから来ていることを知り、案内させたと言うことです。一番肝心な1497年後半に4隻の船をインド洋に航行した大発見のインド航路は、タミール人に付いていっただけだったと言うことです。インドに着いたバスコ・ダ・ガマは、感激できるどころかタミール人に騙され、奴隷に売られている。

中国の鄭和(Zheng He/てい・わ/1371 - 1435)は、28年間で計7回の遠征を行い、東南アジア、南インドをはじめ、ペルシア湾、アフリカ東岸のケニアにまで至り、海のシルクロードを制覇したとも言われている。船団の中で、最大の船は宝船(ほうせん)と呼ばれ、全長は120mを超えるような大型船だった。鄭和と比較すると、バスコ・ダ・ガマ (Vasco da Gama/1469? - 1524)やコロンブス(Christopher Columbus/1451? - 1506)のスケールが小さく見える。

鄭和は、そのときすでに中国へキリンを運んでいる。

ABCは、スリランカで最も重要なタミール語の放送局の1つSooriyan FMのディレクターN. Kurupharanは2006年8月に誘拐され、政府によって13時間拘束されたと報告している。さらに、反逆者チーフとのインタビューを放送することを止めるように政府から脅迫を受けている。

まだまスリランカでは、何かがだ起こりそな予感がする。

ティッサマハラマ地域(Tissamaharama area)のGoogle Earthポインター情報
6°17'10.78"N,81°18'0.34"E
または、
6.286328, 81.300094

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。