gaYa広告

2007年10月25日

今のインターネットを廃棄し、やり直す時期?

The Christian Science Monitorは、ますます米国人にとって第2のTVとしてパソコンを扱っている。わずかの米国人は寝椅子をモニターの正面に置く準備ができているが、数100万の米国人は、オンラインショーと映画を見るためにYouTubeや、Joostや、TVネットワークWebサイトなどのインターネット・サービスの正面でドスンと座っていると報告している。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

すでに、インターネットは限界に来ていると多くの研究者が言い、さらに多くのメディア会社はどん欲に著作権を主張している。

先日も書いたが、それらすべての要求を受け容れるには、今のインターネットのままでは無理。

市場調査会社IDCによると、2006年にストリーミングのビデオは7.3%であったのが、2012年まで33%になると予測され、それは単純に割合であって、ビデオの増加するシェアと共に、業界アナリストは、総インターネットトラフィックが2年毎に倍増すると予想している。

ある専門家は、このまま何も用意をしないで突進すると、サービス・プロバイダを圧倒すると警告している。

人間の欲望は、携帯電話にまでインターネットを公開してしまった。

そしてみんなが聞き始めた、絶えずの上昇し、膨大なデータのための予測では、インターネットは時代遅れですか?と聞きたくなる。

少しインターネットのことをかじった人なら、「ハイ!」と答えることだろう。

企業をはじめとする多くの欲望は、スーパー・コンピュータの機能をDOSマシンに期待している。

今のやり方は、昔の電話局が電話の増えるのに合わせて部分修正して対応してきた方法であった。
しかし、電話の場合はその進化がのんびりとしていて、利用方法もそれほど高度にはならなかった。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

この記事に関連する外部のサイト