gaYa広告

2068年

100万分の3の確立で、小惑星「Apophis」が地球に激突する。

未来

NASAは2009年10月7日に、サッカー場の2.5倍の大きさがある小惑星「Apophis」の新しいデータをNASAのカリフォルニア州パサディナにあるJPL研究所(Jet Propulsion Laboratory in Pasadena, Calif.)で、地球接近小天体科学者(near-Earth object scientists)スティーブ・チェスリー(Steve Chesley)とポール・コダス(Paul Chodas)によって記録されたと報告した。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

009年10月8日に、プエルト・リコで開催されるthe American Astronomical Society's Division for Planetary Sciencesのミーティングで調査結果を提示することになっている。

チェスリーは、「Apophisは2004年に発見されて以来、大きな話題になっている天体のひとつです。」
「アップデートされた計算手法と新たに利用可能なデータは、Apophisが2036年4月13日に地球遭遇する確率が400万の1から4万5000の1に低下したのを示します。」
と言っている。

Apophisのアップデートされた軌道を可能にしたデータの大部分は、マノア(Manoa)にある天体学のためのハワイ大学天体研究所(University of Hawaii's Institute for Astronomy)のデーヴ・トーレン(Dave Tholen )と共同制作者が観測したデータから来たと報告している。

また、初めApophisには2029年に2.7%の機会地球に影響を与えると考えられていた。

しかし、小惑星が2029年4月13日金曜日の地球への記録設定は、地球の表面から1万8300マイルより近くにこないことが明らかになって、asteriodの追加観察は2029年の衝撃の可能性をすべて除外した。

Apophisの軌道は、より正確な調査結果の中に、2068年に100万分の3の確立で、小惑星が地球に大接近する可能性が残っている。
Apophisに関する詳しい情報が2068年の遭遇が確率を減少させると予想されている。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告