11月5日

ジャーナリストの権利を守る日。

EFJ(European Federation of Journalists/国ヨーロッパ・ジャーナリズム連盟)が、2007年11月5日をヨーロッパ全体のジャーナリストが立ち上がり、ジャーナリストの権利を守る日にすると宣言した。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

ヨーロッパのジャーナリズムに対する過度の商業化、政治的圧力、降下している規格、および過酷な労働条件に悩み、劇的な危機面しているジャーナリストについて抗議し、「Stand up for Journalism!」を要求する。
また同時にこの日は、上質のジャーナリズムの販売促進のためにヨーロッパ・ジャーナリスト組合によって、極めて重要な役割の祝賀することにもなる。
この日の行動計画として、抗議行動、パーティー、デモンストレーション、および組合集会が開催されることになる。
とくに、雇用権利の訴えとしてベースアップ、独立したジャーなりリズムの倫理、国際的なジャーナリストの刑罰の免除に向けた連帯活動などを要求することになっている。
この日には、ヨーロッパ中のあらゆる組合、支部、編集部などの仕事場からジャーナリストが終結することを奨励している。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト