10月18日

Alaska Day

アラスカを$1400万で売却し、ロシアから1867年10月18日に米国に引き渡したことを記念した祭日。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

ロシアが財政的困難に直面していたことから、ロシアの海軍(Russian Navy)でロシア・アメリカ社(Russian American Co.)のシトカ(Sitka Ninth Infantry)が、586,412 square miles (1,518,800 km²)のアラスカを1エーカー当たり1.9セントで購入することになり、米国にアラスカをUS$7,200,000で売却し、ロシアがアラスカを米国に引き渡した。

現在の価格に換算すると約$1億400万になる。
しかし、1900年12月7日には、ユーコン川流域で金が発見され、ゴールド・ラッシュが起こった。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

この記事に関連する日付

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。