10-18

Alaska Day

アラスカを$1400万で売却し、ロシアから1867年10月18日に米国に引き渡したことを記念した祭日。

ロシアが財政的困難に直面していたことから、ロシアの海軍(Russian Navy)でロシア・アメリカ社(Russian American Co.)のシトカ(Sitka Ninth Infantry)が、586,412 square miles (1,518,800 km²)のアラスカを1エーカー当たり1.9セントで購入することになり、米国にアラスカをUS$7,200,000で売却し、ロシアがアラスカを米国に引き渡した。

現在の価格に換算すると約$1億400万になる。
しかし、1900年12月7日には、ユーコン川流域で金が発見され、ゴールド・ラッシュが起こった。

Related Dates