10月18日

Alaska Day

アラスカを$1400万で売却し、ロシアから1867年10月18日に米国に引き渡したことを記念した祭日。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

ロシアが財政的困難に直面していたことから、ロシアの海軍(Russian Navy)でロシア・アメリカ社(Russian American Co.)のシトカ(Sitka Ninth Infantry)が、586,412 square miles (1,518,800 km²)のアラスカを1エーカー当たり1.9セントで購入することになり、米国にアラスカをUS$7,200,000で売却し、ロシアがアラスカを米国に引き渡した。

現在の価格に換算すると約$1億400万になる。
しかし、1900年12月7日には、ユーコン川流域で金が発見され、ゴールド・ラッシュが起こった。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。