on-the-time.jp

2008年10月15日

インドでナマズが、恐怖の肉食に進化した!

オカルト映画のようだが、現実に起こっているとFox Newsは「India: Locals fear "carnivorous catfish"」を公開した。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

科学者は、人間の死体を食べた後に、恐ろしい魚が人殺しを始めたと報告している。

その魚は、「goonch」と呼ばれる膨大なタイプのナマズで、インドで埋葬の後、川に流された遺体を喰い漁っているうちに、人肉を好きになってしまったのかもしれないと言っている。

その地方では昔から、そのような神秘的な怪物が水に潜んでいると言い伝えられてきた。

しかし、その魚は、スカビンジングからインド-ネパールの国境に添って流れるすばらしいKaliで不注意に水浴する人を襲い始めた。

その異常に進化した生物は、生物学者のジェレミー・ウェイド(Jeremy Wade)によって調査され、イギリスのテレビがドキュメンタリーで捉え、放送すると報告している。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。