2008年10月15日

大きいメディアと、 悪い考え。

Portfolio.comは、Sophia Banayのコラム「Big Media. Bad Idea.」を公開し、あらゆる株主に尋ねください。

マードックやレッドストーンは、ただ働かせていない。
大きいメディア会社の相乗作用とサイズの利益に関して欲しいものを言ってください。
彼らの株主にとって、会社が大きければ大きいほど、利得はよりわずかです。
と報告した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

1年前と比較された大手メディアの利益は、
タイム・ワーナー(Time Warner)がシェアは50%下げた。
ヴァイアコム(Viacom)が59%下げた。 G.E.は46%下げた。
ニューズ・コーポレーション(News Corp.)社は65%下下げた。
大ヒットしたディズニー(Disney)(大きく当てた人)はわずか34%急落した。

もう言うべき時間です。
ソニーなど、日本の巨人が購入した映画撮影所の周りでは、VCRsを販売できるくらいで、メディアと既にディスコとして死ぬ考えです。

では、小さいメディアはどうですか?
少なくともより小さいメディアは---

ヴァイアコム、G.E.、およびタイム・ワーナーのような現代のコングロマリット部門は、想定された「相乗作用」は一度も花開いたことがない。

タイム・ワーナーの雑誌グループ、ケーブルネットワーク、AOL、有料テレビ、および映画撮影所部門は、ほとんど交信もしないし、まして、一緒に働きもしない。

CBSも同様の話で、
YouTubeとの新しいパートナーシップで、ただでチャンネルのデクスターとCalifornicationの最新のシリーズ初演をビューアーに提供して、ショータイム・コンテンツSを中央前に入れた。

そうする際に、会社の株価は、1年前から72%下がっていた。
オンラインで視聴者とメディアの関心をショーに連れて来るのに、広告から収入を期待して、看板の有料テレビブランドを利用しようとしている。

しかしCBSは、それ自身の独立実体にネットワークを付随的に生み出すことによって、ますます輝いているショータイム・ブランドの値をアンロックできるのか?と言っている。

<a href="http://adage.com/digital/article?article_id=131632">http://adage.com/digital/article?article_id=131632</a>

大きいメディアで働いている人は、「暑いです、そして、それには、おもしろい未来があります。そして、ビデオ・オン・デマンドでお金を稼いでいます。」と言っている。

もちろん、すべてのプレミアム有料テレビチャンネルがストックとして働くというわけではない。

しかし、1つの巨大なメディア会社が別のものを救うことができるか?

「それらが良い管理が完全で、財政的な観点からコングロマリットを信じません。」と、ビブは言っている。
「それはよる厳しいものです。」

言い換えれば、それを頼りにしてはいけないと言っている。

つまり、大きなメディアは風通しが悪く、グループ内でお互いを生かすことができなくなっている。

ただ単に、今あるコンテンツをそのまま切り売りする考えに頼ることは危険すぎると指摘している。

さてさて、困った意見が出てしまった。

大きいメディアで働いている人や働いていた人は、自分たちが最も頭脳的と考える傾向があるにもかかわらず、実態はぼろぼろになっている。

みんな判っているが、大きいメディアは、怖いから遠慮して、口には出さなかった。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。