on-the-time.jp

2008年10月15日

2年前、日本政府支援金汚職事件で記事を書いた記者投獄!

IHT(International Herald Tribune)はロイターからの情報として、共産主義ベトナムの法廷が2年前に日本政府支援金汚職事件をカバーしているとき、その記事の内容に「権力の乱用」があったとして2008年10月15日水曜日に有罪が確定した後に、有罪になると最大7年の刑であったが、ジャーナリストへ2年間の禁固刑を言い渡したと報告した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

外務省は、このような国に国民の血税で支援はできないことだろう。
何故なら、彼らこそが日本人の血税を無駄に浪費した政治家を弾圧し、辞職にまで追い込んだ実績は重い!

この事件は2008年3月に不起訴とされたが、輸送大臣が辞職し、副大臣の逮捕につながった。

国民の血税を無駄に浪費する国へ支援した日本の官僚も、当然辞職すべきです。

ロイターの目撃者は、新聞「Thanh Nien(若い人たち)」のNguyen Viet Chienは2日間のトライアルの後に、ハノイ人民裁判所(Hanoi People's Court)で判決を下された、と言っている。

同様の告発の罪を認めた新聞「Tuoi Tre(若者)」の記者Nguyen Van Haiは、2年間の執行猶予を与えられ、2008年10月15日水曜日に解放されると予想されると言っている。

元警察の少将で、Social Order Crime Investigation審査部の指導官であるGeneral Pham Xuan Quacは、'故意に、秘密を明らかにしたため、法廷によって正式に警告された。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

gaYa広告