on-the-time.jp

2008年10月15日

関連マーケティングで、インフルエンス販売を起こす!

Center for Media Researchは、 Coneとデューク大学(Duke University)のFuqua School of Businessによる「The 2008 Cone/Duke University Behavioral Cause Study」を紹介し、慈善運動に関連したマーケティングがブランドの潜在的収入でUS$何百万をももたらして、指数関数的に売り上げを74%伸ばすことができると確認したと報告した。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

182人の関係者が、新しい地方雑誌を評価して、4つの焦点をブランドの1つのために原因関連、または、一般的な企業広告にさらした。
その後、それらは約150SKUsと共に見せかけのコンビニエンスストアに入れて、それぞれ4つのカテゴリーで製品を購入するために現金を与えた。

その結果、明らかにしたこと、
*一般的な企業広告を見た人の27%だけがブランドを選んだが、原因関連のメッセージ(cause-related message)を見てブランドを選んだのは47%であったことから関連づけられ、実際の購買でシャンプー・ブランドを74%増やした。

*原因関連のメッセージを見た64%の人が、一般的な企業広告を見た50%に対して目標ブランドを選び、原因に関連づけられると、実際の購買を歯磨ブランドで28%増やした。

*他の2つの製品カテゴリーの穏やかな増加として、チップと電球をテストしました。
質的な消費者の反応は、製品の非営利の本質、問題、および固有の本質が原因関連の購買決定をすることにおいて主要因であることを示し、これらのカテゴリーにおける運動がなぜ重要でないかを説明するのを助けた。

研究調査の2番目のフェーズでConeとデューク大学は、全国的に1,000人以上の大人達の「映し出-可能」なサンプル(nationally projectable sample)のオンライン研究を模写することによって、シャンプーと歯磨のための販売増加を有効にした。
長い間一般的な企業広告に対して、原因関連の広告を批評するのに費やされた人は、ほとんど2倍にした。

研究室での観察と同様の目標歯磨ブランドで、19%の販売増加をもたらした。
シャンプー・ブランドは単に穏やかな5%増加であったが、女性対象者の売り上げは約14%増加した。

研究を実施したデュークマーケティング教授で研究チームのリーダーであるガバン・フィッツサイモンズ(Gavan Fitzsimons)は、「観測から、消費者は、原因メッセージにより多く注意を向けていて、おそらく購買します。」と言っている。

さらにConeは、4つのブランドで、2だけのために製品販売を追い立てたことをより特定するために「2008Cause Evolution Study」を行った。
これらの要素は、企業が原因に取り組みでサポートすると決めるとき、重要であるように見えた。

*84%は、それら自身の原因を選択した。
*83%は、個人的な関連性が主要であると言った。
*80%は、特定の非営利団体がキャンペーンに関連していると信じた。
*77%は、お金か時間を貯めなどのかかわり合いのための実用的な誘因が重要であると言った。
*65%は、彼らを気持ちよくさせ、または買い物を軽減するなどのかかわり合いのため、感情的な誘因が有効であって、重要であることが判った。

ConeのKnowledge Leadership and Insights副社長アリソン・デシルバ(CAlison DaSilva)は、「調査結果は、消費者が彼らの個人的ニーズを実現させている間問題と、非営利団体の関係を感じたがっているのを示します。」と言っている。

研究によると、米国人は企業に彼らの原因プログラムで扱って欲しく、主要銘柄で増加しているドメスティックでグローバルな必要性と一致している。

その問題としては、
*教育(80%)
*経済開発(雇用創出、収入世代、富の蓄積など) (80%)
*健康と病気(79%)
*上水へのアクセス(79%)
*環境(77%)
*災害救助(77%)
*飢餓(77%)であったと報告した。

これは面白いですね〜
つまりは、慈善団体などと共同で販売計画をし、慈善団体の資金を提供できる。
ただし、慈善団体などが金に目がくらむと、運動自体を崩壊する危険性も含んでいる。

つまり、宣伝のために作られる慈善団体までが登場するでしょう。
いや、すでに登場している。

例えば、オリンピックとスポンサー企業もその例でしょう。

ジャンク・フードは、広告規制からの打開策として、すでに多用している。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。