2007年10月15日

Microsoft社、モバイル・デバイス向けインタフェース特許取得!

Moco Newsは、Microsoft社がモバイル・デバイス向けインタフェース特許として「Extensible Filtered Lists for Mobile Device User Interface」Microsoft (Application Number: 11/765,684)を取得したと報告した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

これは、見出しの下に、異なったアプリケーションをリンクさせ、電話の利用がより簡単になると解説している。

また、ユーザーはリストをカスタマイズできるようになり、リストをアップデートするときには、ソフトウェア・アプリケーションでダイナミックに変化させることを可能にするとも解説している。

Moco Newsは、それが特許に値するかどうかと言う疑問を投げかけながら、同時に多くのユーザーが携帯電話のユーザビリティを改良して欲しいと切望しているのも本当のこととであると言っている。

確かに、今の携帯電話のユーザビリティは、古くさく!、Apple社のiPhoneがでただけで斬新と感じてしまう時代です。

とくに親指が腱鞘炎になりそうなキー操作をApple社のiPhoneは、かなり改良した。

ユーザー・インタフェースは言葉で解説するより、触ってみないと判らないが、Engadgetでは特許用の図版付きで解説している。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。