2007年10月15日

イギリスは専門警察官が、すべての麻薬を合法化することを進言!

麻薬とメディア

イギリスのIndependentは、イギリスでもっとも有名な専任警察官の一人が、不法な麻薬について、完全に失敗した戦争と衝撃の表現で、この戦争を終わりにさせるため、政府にヘロイン、コカインを含むすべてを合法化することを電話で進言することになっていると報告した。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

あまり、ニュースでは知られていないが、イギリスはとんでもない状態になっている。

ノース・ウェールズ州のコンスターブルでチーフを務めるリチャード・ブルンストーム(Richard Brunstrom)は、「禁止」に基づいたイギリスの麻薬取締が限界に来ているので終わりにすることを支持した。

イギリス内務省は今週に、次の10年間の戦略を見るための専門家を集めることになっているが、その最後に、彼のコメントが登場したと報告している。

彼の基本的な分析によれば、違法薬物がこれまで以上に安くなり、豊富になっていると指摘した。

そう言えば、スペインがマリファナを合法にしたのも、周辺国のフランス、イギリス、ドイツなどの若者がモロッコから持ち込むマリファナの量が取締の限界を超え、さらにその若者達を逮捕すると国際問題にまで発展し、取締が実質的に不可能になったことだと、以前記事で読んだことがあった。

日本は島国だから、まだ取り締まることも可能だが、隣国に麻薬生産国があったりしたら、どうしようもないのかもしれない。

イギリスは、隣国が麻薬合法国という現実がある。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告