gaYa広告

2007年10月15日

イギリスは専門警察官が、すべての麻薬を合法化することを進言!

麻薬とメディア

イギリスのIndependentは、イギリスでもっとも有名な専任警察官の一人が、不法な麻薬について、完全に失敗した戦争と衝撃の表現で、この戦争を終わりにさせるため、政府にヘロイン、コカインを含むすべてを合法化することを電話で進言することになっていると報告した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

あまり、ニュースでは知られていないが、イギリスはとんでもない状態になっている。

ノース・ウェールズ州のコンスターブルでチーフを務めるリチャード・ブルンストーム(Richard Brunstrom)は、「禁止」に基づいたイギリスの麻薬取締が限界に来ているので終わりにすることを支持した。

イギリス内務省は今週に、次の10年間の戦略を見るための専門家を集めることになっているが、その最後に、彼のコメントが登場したと報告している。

彼の基本的な分析によれば、違法薬物がこれまで以上に安くなり、豊富になっていると指摘した。

そう言えば、スペインがマリファナを合法にしたのも、周辺国のフランス、イギリス、ドイツなどの若者がモロッコから持ち込むマリファナの量が取締の限界を超え、さらにその若者達を逮捕すると国際問題にまで発展し、取締が実質的に不可能になったことだと、以前記事で読んだことがあった。

日本は島国だから、まだ取り締まることも可能だが、隣国に麻薬生産国があったりしたら、どうしようもないのかもしれない。

イギリスは、隣国が麻薬合法国という現実がある。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト