on-the-time.jp

2007-10-15

イギリスは専門警察官が、すべての麻薬を合法化することを進言!

麻薬とメディア

イギリスのIndependentは、イギリスでもっとも有名な専任警察官の一人が、不法な麻薬について、完全に失敗した戦争と衝撃の表現で、この戦争を終わりにさせるため、政府にヘロイン、コカインを含むすべてを合法化することを電話で進言することになっていると報告した。

[AD] You can advertise on this site.

あまり、ニュースでは知られていないが、イギリスはとんでもない状態になっている。

ノース・ウェールズ州のコンスターブルでチーフを務めるリチャード・ブルンストーム(Richard Brunstrom)は、「禁止」に基づいたイギリスの麻薬取締が限界に来ているので終わりにすることを支持した。

イギリス内務省は今週に、次の10年間の戦略を見るための専門家を集めることになっているが、その最後に、彼のコメントが登場したと報告している。

彼の基本的な分析によれば、違法薬物がこれまで以上に安くなり、豊富になっていると指摘した。

そう言えば、スペインがマリファナを合法にしたのも、周辺国のフランス、イギリス、ドイツなどの若者がモロッコから持ち込むマリファナの量が取締の限界を超え、さらにその若者達を逮捕すると国際問題にまで発展し、取締が実質的に不可能になったことだと、以前記事で読んだことがあった。

日本は島国だから、まだ取り締まることも可能だが、隣国に麻薬生産国があったりしたら、どうしようもないのかもしれない。

イギリスは、隣国が麻薬合法国という現実がある。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE