gaYa広告

2008年10月09日

雑誌、ファイル共有ウェブサイトを起訴!

Press Gazetteは、米国とイギリスの雑誌出版社団体「PPA(Periodical Publishers Association)」が、ユーザーによって雑誌全体をスキャンし、共有サイトにアップロードしたWebサイトに対する著作権訴訟で成功していると報告した。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

PPAのメンバーは、Mygazines.comが不法に全体をコピーされた雑誌「GQ」や「マリ・クレール(Marie Claire)」などをホスティングしていて、それが奨励したとして2008年7月にMygazines.comへ警告していた。

常識的に考えて、これは非常に問題である。
では、どこまでが許されるのか?

IPCの親会社Time Warner、NatmagのオーナーHearst、Hachette、Reed Business Informationを含む出版社を代表する弁護士が現在、カナダのトロントに住んでいる個人まで追跡され、サイトの所有者に対して裁判で決着をつけた。

解決に関する条件は明らかにされていないが、Webサイトから訴訟にかかわる会社によって発表されたすべてのタイトルを取り除いたと報告している。

この考え方が、いつも理解できない。
大手は訴えて、コンテンツを守れるが、中小は守られないままで放置される。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。