gaYa広告

10月17日

貯蓄の日

1952年に日本銀行貯蓄増強中央委員会(現・金融広報中央委員会)が10月15日から25日まで伊勢の神宮(通称伊勢神宮)で行われる、その年の稲の収穫を感謝する式典「神嘗祭(Kannamesai)」の中で、内宮の奉幣が行われる17日を耕民族にとってはとても重要な区切りの日であるということから「貯蓄の日」と定め、国民に貯蓄を奨励する運動として開始した記念日。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

現在、多くの国民は労働の対価として金銭をもらうようになっているで、給料がいわば収穫であり、勤労の収穫物であるお金を大切に使おうという趣旨であった。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。