10-10

目の愛護デー

日本眼科医会の申し出によって。中央盲人福祉協会が内務省、文部省後援で1931年に9月18日を「視力保存デー」として制定し、戦後の1947年に再び10月10日を「目の愛護デー」と定め、1950年から厚生省(現:厚生労働省)が共催した目の健康に関する「目の記念日」。

参天製薬では、目の愛護デー標語を募集している。
また、角膜移植によってしか視力を回復できない患者のために、死後、眼球を提供することに本人または遺族の同意を得て、移植を待つ患者に斡旋する日厚生労働大臣の許可を受けて運営される公的機関「アイバンク(Eye bank)/日本アイバンク協会」は1965年4月19日に設立された。