on-the-time.jp

2009年09月18日

「香格里拉(シャングリラ)」は「茶馬古道」の桃源郷。

美容と医学の科学

「香格里拉(シャングリラ)」県は青い空、無垢な雪山、澄み切った河水、珍しい野花、地平線まで延びる湿原、極彩色に輝く寺、歴史悠久の宗教文化、多彩な風俗があり、天然の観光資源に恵まれ、文化・宝蔵が極めて豊富で、国内外の観光客にとって心の中の「桃源郷」だ。

「シャングリラ(Shangri-La/香格里拉)」は西蔵語で「心のなかの日と月」という意味で、仏教伝説における浄土であり、理想郷ということになる。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

新華社は、西蔵(チベット)高原の南部にあり、3つの大河が合流する観光地「雲南省迪慶(デチェン)西蔵族自治州香格里拉(シャングリラ)県」は以前、中甸県と呼ばれていたと報告している。

県政府が置かれている建塘鎮は1300年以上の長い歴史がある。

ここ数年、「香格里拉(シャングリラ)」県の各民族は各クラス政府が旗振り役となり、文化・天然の観光資源の強みを生かして、高原民族ならではの観光ブランドの樹立に努めている。

建塘鎮の独克宗古城を中心に、普達措国家公園、松賛林寺、白水台、納帕(ナパ)海、虎跳峡と草原牧場を貫く観光ルートを開発した。

これにより、「香格里拉(シャングリラ)」は過疎化した貧困地域から、観光経済圏に生まれ変わった。

2009年には、「香格里拉(シャングリラ)」を中核とする迪慶西蔵族自治州は、国際金融危機による観光業への悪影響を克服して、成長を実現した。

上半期に国内外の観光客が200万人以上が「香格里拉(シャングリラ)」を訪れた。

そのうち、海外からの観光客は21万人を超え、同期比約30%伸びた。

秋が深まるにつれ、旅行や探険のため香格里拉を訪れる国内外の観光客数は増えている。

「香格里拉(シャングリラ)」は、旅行の「黄金期」を迎えている。

イギリスのヒンズー文化の宝として、オクスフォードのボドレー図書館インド研究所(Bodleian Library (Oxford University) Indian Institute)に保存されているヒンズー教の創立者、および日常生活用の輪郭モラルおよび精神的なコードが書かれたShikshapatriと呼ばれるサンスクリット原稿「Shree Swaminarayan」をデジタル化した「 The Digital Shikshapatri」を公開している。
そこには、人の人生は「香格里拉(シャングリラ)」を求める旅だと書いている。

この本を、私も持っている。
もちろん、グルが書き写したサンスクリットの手書き本である。

「香格里拉(シャングリラ)」のGoogle Earthポインター情報
27°49'23.08"N,99°42'29.13"E
または、
27.823078, 99.708092

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

この記事に関連する日付

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

この記事に関連する外部のサイト