2009年09月18日

非接触ペイメント・サービスが世界で爆発しない。

モバイル・マネー

Cellular-Newsは、Javelin Strategy & Researchからの情報を紹介し、非接触ペイメント・サービスが小さな島(日本)に閉じこめられ、成功のために大きな市場を獲得するには、何か破壊的なソリューションの成功により島を脱出しなければならないと言っている。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

Javelin Strategy & Researchの創設者ジェームズ・ヴァン・ダイク(James Van Dyke)は、「非接触ペイメント・サービスで、ビジネス業界、決済網、金融機関などで提案による紛争に巻き込まれ、苦しんでいる。」
「しかし、Vivotechや新来者Zeniusなどの会社はその中で間隙を塞ぐソリューションを築き上げようとしています。」
「また、消費者意識と行動変化も必要です。」と報告した。

これまで多くの調査会社が急拡大すると予測していた。

* スマートフォン所有権はモバイル支払いを含むより体力を要しているモバイル活動の消費者採用を推進させるめに重要な要素になる。
* 現在のスマートフォン所有者は、非接触カードを使用するはるかに高い傾向を示していて、モバイル支払い用法でより広げる。
* 広いスケールのモバイル支払い展開のための転換点は、それぞれの生態系プレーヤーのために選択されたスマートフォンの成長と価値の適合で同期することである。
* 生態系プレーヤーが支払いを超えてNFCの値を達成するのに従って、NFCソリューションの大規模な展開から評価する経路は、より明確になる。
* より高い理解力によるワイヤレスの申し出は顧客がモバイル支払い活動に従事するという、さらにすばらしい将来につながる。
と分析する。

世界でモバイル・ペイメントが大きく注目され始めたのと比例して、世界の景気は落ち込みが拡大していったという不幸な環境に遭遇した。

そして無駄にお金を使うという心配が、この市場の成長を拒んでいる。
また、イエロー・モンキーの技術をそのまま採用したくないという金融機関などの固い結束があるのかもしれない。

とりあえずは、この世界中の経済的閉塞感が解消されないと新しいお金関連のサービスは導入されにくいのかもしれない。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する外部のサイト