on-the-time.jp

2009年09月14日

アルマジロ・アエロスペースは賞金US$100万を獲得!

NASAは、アルマジロ・アエロスペース(Armadillo Aerospace)が月面着陸チャレンジ(Lunar Lander Challenge)で、Centennial Challengesのレベル2必要条件を満たしたことが証明され、1位になり、US$100万の賞金を受け取る資格を得たと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

アルマジロ・アエロスペースの機能テストは2009年09月12日にテキサス州コド・ミル(Caddo Mills, Texas)で行われた。

アルマジロ・アエロスペースのロケットはUS$100万の賞金を受け取る資格を得るための機能テストで、月面をシミュレートするために、石とクレーターの2番目のパッドを1個のコンクリートの受け台から取り去って、水平に昇り、そして飛び立った。

その乗り物は、パッドで給油した後に、逆、オリジナルのパッドに着陸する飛行を繰り返した。

給油を含む周遊旅行操作をした1時間47分後に終了した。

挑戦のための2.5時間のタイムリミットよりかなり早く完了した。

また、アルマジロ・アエロスペースはそれぞれの飛行で3分間高いところにロケット・パワーで居続けるという必要条件も満たした。

この写真は、技術者ニール・ミルバム(Neil Milburn)、ラス・ブリンク(Russ Blink)、およびマイク・ビンサー(Mike Vinther)が、打ち上げ台で乗り物の点検を実施している光景である。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト