on-the-time.jp

9月20日

秋社

秋に、生まれた土地の守護神である「産土神」を祀る「社日」。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

古代中国に由来し、「社」とは土地の守護神、土の神を意味する。
「社日」は、春と秋にあり、春のものを「春社」という。
春分または秋分に最も近い「戊(つちのえ)の日」が社日となる。
この日は産土神に参拝し、春には五穀の種を供えて豊作を祈願し、秋にはその年の収獲に感謝する。

出雲の神社を歩いていると、「社日」と呼ばれる五角形の石柱が目に付く。
五柱の神名「天照皇大神、大己貴命、稲倉魂命、埴安媛命、少彦名命」が記され、五角形の正面に天照皇大神が記されている。

天照皇大神は、伊勢神宮に祀られている。
大己貴命は、出雲大社に祀られている。
稲倉魂命は、稲荷であり、全国に祀られる稲荷神社の神である。
埴安媛命は、伊邪那美が火の神迦具土を生んで、陰所を焼き苦しんで尿をし、その尿から化身した神で、水の神が弥都波能売(貴船の神)、土の神が埴安媛命である。
少彦名命は、大己貴命と供に国造りをした神で、一寸法師やコロボックルとも云われる小さな神である。

「五角形」は、「(陰陽)五行」との関連が考えられ、その場合の五神は、久久能智神(木)、迦具土神(火)、埴安媛命(土)、金山毘古神(金)、罔象女神(水)になる。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する日付

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。