on-the-time.jp

9月19日

八朔祭り

旧暦8月1日を示す言葉で、この頃早稲の穂が実るので、農民の間で初穂を恩人などに贈る風習が古くからあった。
また、田の神に感謝し、収穫の目安を立てる日とされている。
また、一般には二百十日、二百二十日と共に「嵐の来る日」として知られている。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

季節の移り変わりの目安として、農家の三大厄日(八朔、二百十日、二百二十日)とされている。

京都市東山区の祇園一帯など花街では、新暦8月1日になっても芸妓や舞妓がお茶屋や芸事の師匠宅へあいさつに回るのが伝統行事になっている。
大阪道明寺天満宮では、道真公の遠祖天穂日命(あめのほひのみこと)を氏神として祭祀して以来、毎年9月1日(旧暦8月朔日)に神事が行われていたことから、農家の節を祝う八朔祭と合わせ、奉納相撲を行なっている。
徳川家康が天正18年8月1日(1590年8月30日)に初めて江戸城に公式入城したとされることから、江戸幕府はこの日を正月に次ぐ祝日としていた。

また、8月1日ごろに食べ頃を向かえるミカン科で柑橘類を「八朔(ハッサク/Citrus hassaku)」と呼び、江戸時代末期に尾道市田熊町(旧因島市)の浄土寺で原木が発見されたとされる。

ただし、八朔祭りは地域により微妙に日時が異なるため、あらかじめ確認する必要がある。

因島のGoogle Earthポインター情報
34°19'18.46"N,133°10'26.54"E
または、
34.321794, 133.174039

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

この記事に関連する日付

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。