AD SPACE

2009-08-26

最も集中的に研究された宇宙X線源の一つ「白鳥座X-1」

NASAは、45年前の発見以来、最も集中して研究された宇宙X線源の「Cygnus X-1(白鳥座X-1)」について報告した。

[AD] You can advertise on this site.

「Cygnus X-1」が発見された約10年間、エックス線と光学観測の組み合わせであった天文学の歴史では、そのような識別は最初にブラックホール(black hole)であったという結論に導いていた。

ドイツ系ユダヤ人物理学者アルベルト・アインシュタイン(Albert Einstein/1879 - 1955)は1955年4月18日に死去している。

一般相対性理論(Theory of General Relativity)は1915年12月2日に公表され、1916年5月11日に出版された。

ブラックホール(black hole)への関心と、それを天文学的に証明しようと言う野望が渦巻いていた。

「Cygnus X-1」システムは約20の固まりがあり、青色超巨星がある近い軌道の太陽のような10回の星とブラックホールから構成されている。

速い恒星風における超巨星から、遠くのガス流動はブラックホールに焦点を合わせ、そのいくつかのガスがらせん形になるディスクでブラックホールを構成している。

この流入するガスによる重力エネルギー放出は、「Cygnus X-1」からのエックス線放出を動かす。

「Cygnus X-1」で1,000以上の科学的記事が発表されたが、明るく、近いブラックホールとしての状態は、科学者がブラックホールがどうそれらの環境に影響するかを理解するための関心を引き付け続けていた。

「Cygnus X-1」の恒星風の特性を研究し、回転速度を測定するために、チャンドラ(Chandra)とESAのXMM-ニュートン(XMM-Newton)との観測は特に貴重であった。

後者の研究は、「Cygnus X-1」が非常にゆっくり回転していることを明らかにした。

この不可解な結果は、「Cygnus X-1」が超新星の中で新たに形成されたブラックホールが他の恒星ブラックホールとして同じ回転を防いだ珍しいタイプで形成したかを示すかもしれないと報告している。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.