2009年07月28日

米国のインターネットは停滞期に入った。

Adweekは2、Forrester Researchからの情報としてインターネットの使用は何年もの安定成長の後、微増であったと報告した。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

約3万8000人のユーザー調査によると、インターネット・アクセス世帯数は年間3%成長であった。
ブロードバンド拡張さえ6%成長と遅くなった。

それ以前では、両方の数字は数年間10%成長であった。
このレポートにより、現在安定したことが判ったと報告している。

2004年から2007年は異常なほど拡大したが、より多くの広告のためにメディアとして使用された尺度であったオンラインで費やされた時間は、年間で12時間以上増えなかった。

Forrester Researchは、この数字が「メディアとして費やすために限られた量の時間消費者が使用したのと同じくらい健康な、ユーザの成熟化であった。」ことを表すと言った。

それはまた、テレビが全く死んでいないことを意味した。
オンラインでテレビ番組を見た人さえ、テレビの正面でまだ1週間あたり13時間を過ごしていた。
実際、過去5年間で、人々がテレビを見ながら過ごした時間は変わりがなかった。

テレビを見る時間は同じであったが、インターネットの利用時間は倍以上に増えた。
オンラインでの滞在時間が増えた分だけ、伝統的なメディアを犠牲にして来た。
ラジオは18%、新聞は17%、および雑誌を6パーセント衰退させた。
消費者がオンラインでの活動を、より広く従事していることが判った。

ソーシャル・ネットワーキングは一匹おおかみとして、成長カテゴリのままで残って、ソーシャル・ネットは2007年の15%未満から、2009年30%以上まで成長した。

興味をそそるように、Forrester Researchは、、ブログのための消費者熱意が冷えていることが判った。

わずかに20%未満は、昨年と同じようにブログを書くと報告した。

これは、ユーザの数は増えないが、技術的改良期に入ったということだろう。

Countries With The Most Internet Users: 2008
1. US
2. China
3. Japan
4. Brazil
5. Germany

Countries With The Most Internet Users: 2013
1. China
2. US
3. India
4. Japan
5. Brazil

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

gaYa広告