gaYa広告

2009年07月24日

ドイツで学費を稼ぐ必要に迫られ、売春婦の格好で学生が抗議デモ!

AFPは2009年07月25日に、北部ドイツのハノーバー(Hanover)でドイツでは多くの学生が売春婦になって学費を稼ぐ必要に迫られ、こうした窮状を訴えているために、売春婦の格好をした学生による抗議デモが行われたと報告した。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

これは冗談ではなく、奨学金だけでは生活できないため、昔から実際に売春婦になって稼いだ金で大学に来ていた学生がいた。

実際にフランクフルト(Frabkfurt/M)にあった友人が経営していた中華料理店で食事をしていたら、誰から聞いたのか女性が近づいてきて、私に日本人の客を紹介するように言ってきた。

よく聞くと彼女はテュービンゲン大学の学生で、1年間休学して学費を稼いでいると言っていた。

テュービンゲン大学と言えば、アインシュタインが通っていた大学で、エリートが多い。
また、ハノーバーと言えば、デュラーが生まれた街で、2009年6月17日にはハノーバーで、バングラディシュから来ていた学生が生活できなくなって、ヨーロッパ中に支援を訴えていた。

本来ドイツでは、学生が勉強や研究をするのに金を必要とすること自体に反対してきている。
つまり、日本のように親が金持ちでないと大学へ行けないなどと言う馬鹿げた体制に反対してきた。

このような馬鹿げた教育体制は、米国から伝染してきている。

馬鹿でも親が金持ちならいける大学にどれほどの価値があるのか?
大学を金儲けの手段にしている大学まであり、大学経営学などという基本理念から外れた大学が増えすぎ、そこで馬鹿な教授が何を教えようと言うのか??????

目の濁った学生、腐った教育者で、その国に未来はあるのか?

そんな教育者に税金から支援金まで支払われている。

北部ドイツのハノーバー(Hanover)のGoogle Earthポインター情報
52°22'19.44"N,9°44'8.47"E
または、
52.372067, 9.735686

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。