2009年07月23日

音声をテキストに変換する技術会社が非難されている。

BBC Newsは、BBC調査に続いて、モバイル・メッセージをテキストに変換するイギリスの会社Spinvox社は、プライバシー基準、技術、および経済の上の問題に直面していると報告した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

Spinvox社のサービスは、高度な音声認識ソフトウェアを使用することで音声メッセージをテキスト・メッセージに変換することを目指しているが、メッセージの大部分は南アフリカとフィリピンのコール・センター・スタッフによって聞かれ、転写されていたことが明らかになった。

Spinvox社は、いくつかの質問にコメントすることを断っている。

「音声アルゴリズムは、すべての言語体系で人間の介入なしで、学習のために人間を必要としない。--Spinvoxがリアルタイムでこれをしていた。」と言っている。

さらに、「自動的に変換されたメッセージの実際の割合は非常に秘密で、それは機密のデータです。」と言っている。

SpinvoxのWebサイトは、技術が「話し言葉を得て、'D2'(Brain)として知られている、Voice Message Conversion Systemにそれらを入れる」と主張している。

必要であるとき、メッセージの一部は「変換の専門家」に送られることがあると言った。

送られた部分は、特定の数か人を追跡し、返す方法が全くないようにanonymisedされている。

それは特定の日に自動化されたシステムに直面している何百万ものメッセージの1つになる。

会社の情報筋は、実際はかなりの大多数のメッセージがコール・センターのスタッフによってテキストに変換されるとBBCに言った。

メッセージがEU(European Union/ヨーロッパ連合)外の労働者によって読まれたように見えるという事実は、会社のデータ保護政策に関して疑問視されている。

イギリスのData Protection Registerの上の会社のエントリーは、欧州経済地域外に何も移さないと言った。

自動化された人力作業?
何となく、昔のインドの会社のよう?

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。