gaYa広告

2009年07月23日

174年間の歴史がある米国の新聞「Arbor News」が、印刷版発行を捨てた!

AFPは、米国の新聞「Arbor News」が最終印刷版を発行したと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

米国の新聞「Arbor News」は174年間ミシガン州の北部で発行されてきた唯一の新聞で、最終版のトップページに「Farewell, Ann Arbor(さらば、アナーバー)」と印刷された。

米国の新聞「Arbor News」の閉鎖は、ミシガン大学(University of Michigan)がある人口約11万5000の都市で発行されてきた州で最大の日刊新聞の閉鎖であった。

新聞「Arbor News」を所有していたAdvance Publications社は、Webサイトまたは、約5万の流通がある毎週木曜日と日曜日に印刷版が発行される「AnnArbor.com」に置き換えることにしている。

ミシガン州と言えば米国自動車産業の中心地で、今回の不況による雇用の喪失によって被害を大きく受けて、3月に1週間あたり3日間の自宅配達のカットバックを実施した新聞「デトロイト・フリープレス(Detroit Free Press」「デトロイト・ニュース(Detroit News)」もある。

他の米国新聞のように、流通を断って、降下している印刷版収入の広告を出して、無料のニュース「Ann Arbor News」をオンラインで提供するなど、戦い続けている。

mlive.comでは2009年07月23日に、174年間の「Arbor News」が辿った歴史をPDFで公開した。

言えることは、確実に戻ってこない新聞が多く記録されると言うことだろう。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。