2009年07月23日

オランダ法廷、ジャーナリストの家の捜査を承認。

オランダのDutch Newsは2009年07月23日に、Telegraafジャーナリストの家を国家機密オランダのAIVDセキュリティー・サービス(The Dutch AIVD security service)が捜査することを可能にする権利があると、ハーレム地方裁判所(Haarlem district court)は2009年0月23日木曜日に裁決したと報告した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

通信社ANPは最初にAIVDが公式に、機密書類を提出するようにジョランダ・ヴァン・デ・グラフ(Jolande van der Graaf)に依頼したが、彼女はそれを拒否したため、彼女の所有地を家宅捜査されたと報告した。

ハーレムの裁判官は、ジャーナリストが「国家機密を持つべきでない。」「かなりの重要性なドキュメントをAIVDに提出しなさい。」と言った。

そのドキュメントは、AIVD職員と彼女のパートナーによってジョランダ・ヴァン・デ・グラフに提供された。

また法廷は、国家機密でなかったすべてのドキュメントは読まれていない状態で、Telegraafのジャーナリストに返されるべきであると裁決した。

さらに木曜日の午後には、AIVDが、てジョランダ・ヴァン・デ・グラフと他のTelegraafジャーナリストの電話を盗聴するのを止めるかどうかに関してアムステルダム地方裁判所(Amsterdam district court)は、判決する。

ただし、これはオランダの裁定であり、ジュネーブのヨーロッパ人権裁判所(European Court of Human Rights)の判断ではないことから、まだまだ先は長い。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告