2009年07月23日

オランダ法廷、ジャーナリストの家の捜査を承認。

オランダのDutch Newsは2009年07月23日に、Telegraafジャーナリストの家を国家機密オランダのAIVDセキュリティー・サービス(The Dutch AIVD security service)が捜査することを可能にする権利があると、ハーレム地方裁判所(Haarlem district court)は2009年0月23日木曜日に裁決したと報告した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

通信社ANPは最初にAIVDが公式に、機密書類を提出するようにジョランダ・ヴァン・デ・グラフ(Jolande van der Graaf)に依頼したが、彼女はそれを拒否したため、彼女の所有地を家宅捜査されたと報告した。

ハーレムの裁判官は、ジャーナリストが「国家機密を持つべきでない。」「かなりの重要性なドキュメントをAIVDに提出しなさい。」と言った。

そのドキュメントは、AIVD職員と彼女のパートナーによってジョランダ・ヴァン・デ・グラフに提供された。

また法廷は、国家機密でなかったすべてのドキュメントは読まれていない状態で、Telegraafのジャーナリストに返されるべきであると裁決した。

さらに木曜日の午後には、AIVDが、てジョランダ・ヴァン・デ・グラフと他のTelegraafジャーナリストの電話を盗聴するのを止めるかどうかに関してアムステルダム地方裁判所(Amsterdam district court)は、判決する。

ただし、これはオランダの裁定であり、ジュネーブのヨーロッパ人権裁判所(European Court of Human Rights)の判断ではないことから、まだまだ先は長い。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

この記事に関連する日付

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

gaYa広告