on-the-time.jp

2009年07月23日

ロボット無人機は、どう戦争を変革したか?

CNNは、第1次世界大戦で土豪を掘ったのと同じくらいロボット無人機UAV(unmanned aerial vehicle)は、重要な兵器になっていると報告した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

アフガニスタンとパキスタンの目標を攻撃するときに無人機を使用して、今日の戦士は危険地帯で戦っている。

妻とのさよならにキスすたあと、クリーチへのドライブ、ネバダの小さい砂漠空軍基地の中から、殺人反対分子がいる反対側の世界で戦っているかもしれない。

米空軍の戦闘機乗りメージャー・モーガン・アンドリュース(Major Morgan Andrews)はそのような戦闘員のひとりで、アンドリュースは彼はパイロットにもかかわらず、暗くされた地上管制局から空軍に加わり、F16のいずれのコックピットからも戦わない。

彼は遠隔操作のPredatorを操縦し、コントローラでリスクなしに位置と人員を見張って、攻撃できるUAV(無人機)、戦友を支持して致命的な短距離対戦車ミサイルを使って敵の戦闘機を撃っている。

アンドリュースは、「まるで私たちが頭の上を飛びながら正常な飛行機にいるかのように、無線で彼らと話しています。」と言っている。

つまり戦場で戦っているにもかかわらず、パイロットはネバダの小さい砂漠空軍基地から遠隔操作で無人機を操縦している。

その間、諜報分析者は、リアルタイムの画像を見て、地面の敵をを特定していると報告している。

戦場で戦わない遠隔操作でロボットを使った戦争を実現している。

昔のようなオモチャではなくなっている。
UAVは偵察し、攻撃に参加し、爆弾まで落とし、ミサイルまで飛ばしている。

形も目的によってさまざまで、大きさも搭載する武器によって異なってきている。

また、飛行機だけではなく、戦車や軍人そのものまでロボットかが始まっている。
それはリスクを減らし、戦闘能力を飛躍的に高くし始めている。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。