2009年07月23日

トラブルが続いていたハッブル宇宙望遠鏡で、最初の撮影画像を公開。

NASAは、木星(Jupiter)で7月19日に起こった衝突の残骸をハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)で最も鮮明な可視光写真の撮影に成功し、公開した。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

ハッブル宇宙望遠鏡は5月にスペースシャトルで整備点検され、同時に最新式の画像撮影システムに拡張するため、撮影は中断され、確認作業を行ってきた。

今回撮影された画像は、オーストラリアのアマチュア天文家アンソニー・ウエスリー(Anthony Wesley)によって発見された、小さい彗星か木星大気に飛び込んでできた、崩壊された部分であった。

これは15年前に木星で起こったShoemaker-Levy 9の衝突以降、初めての衝突であった。

スペースシャトルアトランティスで宇宙飛行士によってハッブル宇宙望遠鏡にインストールされた新しいカメラ「Wide Field Camera 3」は、トラブルが続いていた。
NASAはまだ完全ではなく、画像は撮影できるが、フルパワーではないとと言っている。

ワシントンにあるNASAのScience Mission Directorate副長官エド・ウィーラー(Ed Weiler)は、「これはSTS-125宇宙飛行士と全体のハッブルチームのおかげで可能になったハッブルの新しい最先端カメラで可能になったただの一例です。」「しかし、ベストな状態ではありません。」と言っている。

先日来「Hubble Space Telescope Status Report」は何本もリリースされ、2009年07月23日にもHSTタイガー・チーム(The HST tiger team)は2009年7月6日に休業したSTIS(Space Telescope Imaging Spectrograph/宇宙望遠鏡画像スペクトラム)の異常調査を続けていると報告してきた。

チームは、7月20日にHST Projectが提示した回復プランが承認されたと報告してきた。
チームは7月22日に、STIS器具の回収に成功し、CCD(Charge-Coupled Device)探知器を取り付けた。
CCDを使用する科学観測は、週末までに再開すると予想した。

HSTマネージャのエド・ルイテンベルグ(Ed Ruitberg)によると、CCD探知器は、別々の界面エレクトロニクス・ユニットを持っていることから、STISの上のMAMA(Multi-Anode Micro-channel Plate Array)探知器を操作可能になったと報告している。

7月6日に検出されたInterface Electronics異常の調査を終了するまで、HSTタイガー・チームはSTIS MAMA探知器の再開試みを遅らせていた。

まだまだハッブル宇宙望遠鏡は、心細い。

宇宙望遠鏡の弱点が、もろに表面化している。

今回は、1990年に打ち上げられたハッブル宇宙望遠鏡の最後の拡張になり、今回の拡張も中止することまで話題になっていた。

米国の天文学者ハッブル(Edwin Powell Hubble/1889-1953)がカリフォルニア州サンマリノ(San Marino, California)で1953年9月28日に脳血栓症により死去しているが、まさにハッブル宇宙望遠鏡も現状は脳血栓症状態と言える。

現在ハッブル宇宙望遠鏡はリハビリで回復中であるが、かなり重傷と言えるる。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。