on-the-time.jp

2009年07月23日

トラブルが続いていたハッブル宇宙望遠鏡で、最初の撮影画像を公開。

NASAは、木星(Jupiter)で7月19日に起こった衝突の残骸をハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)で最も鮮明な可視光写真の撮影に成功し、公開した。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

ハッブル宇宙望遠鏡は5月にスペースシャトルで整備点検され、同時に最新式の画像撮影システムに拡張するため、撮影は中断され、確認作業を行ってきた。

今回撮影された画像は、オーストラリアのアマチュア天文家アンソニー・ウエスリー(Anthony Wesley)によって発見された、小さい彗星か木星大気に飛び込んでできた、崩壊された部分であった。

これは15年前に木星で起こったShoemaker-Levy 9の衝突以降、初めての衝突であった。

スペースシャトルアトランティスで宇宙飛行士によってハッブル宇宙望遠鏡にインストールされた新しいカメラ「Wide Field Camera 3」は、トラブルが続いていた。
NASAはまだ完全ではなく、画像は撮影できるが、フルパワーではないとと言っている。

ワシントンにあるNASAのScience Mission Directorate副長官エド・ウィーラー(Ed Weiler)は、「これはSTS-125宇宙飛行士と全体のハッブルチームのおかげで可能になったハッブルの新しい最先端カメラで可能になったただの一例です。」「しかし、ベストな状態ではありません。」と言っている。

先日来「Hubble Space Telescope Status Report」は何本もリリースされ、2009年07月23日にもHSTタイガー・チーム(The HST tiger team)は2009年7月6日に休業したSTIS(Space Telescope Imaging Spectrograph/宇宙望遠鏡画像スペクトラム)の異常調査を続けていると報告してきた。

チームは、7月20日にHST Projectが提示した回復プランが承認されたと報告してきた。
チームは7月22日に、STIS器具の回収に成功し、CCD(Charge-Coupled Device)探知器を取り付けた。
CCDを使用する科学観測は、週末までに再開すると予想した。

HSTマネージャのエド・ルイテンベルグ(Ed Ruitberg)によると、CCD探知器は、別々の界面エレクトロニクス・ユニットを持っていることから、STISの上のMAMA(Multi-Anode Micro-channel Plate Array)探知器を操作可能になったと報告している。

7月6日に検出されたInterface Electronics異常の調査を終了するまで、HSTタイガー・チームはSTIS MAMA探知器の再開試みを遅らせていた。

まだまだハッブル宇宙望遠鏡は、心細い。

宇宙望遠鏡の弱点が、もろに表面化している。

今回は、1990年に打ち上げられたハッブル宇宙望遠鏡の最後の拡張になり、今回の拡張も中止することまで話題になっていた。

米国の天文学者ハッブル(Edwin Powell Hubble/1889-1953)がカリフォルニア州サンマリノ(San Marino, California)で1953年9月28日に脳血栓症により死去しているが、まさにハッブル宇宙望遠鏡も現状は脳血栓症状態と言える。

現在ハッブル宇宙望遠鏡はリハビリで回復中であるが、かなり重傷と言えるる。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。