on-the-time.jp

2009年07月23日

米国で大がかりなインフルエンザ予防接種実験開始。

アリゾナ・レパブリック(Arizona Republic)は、州と地元の国民健康職員は今秋にインフルエンザと戦うために、インフルエンザに対し、マリコーパ・カウンティー(Maricopa County)の学童何十万人もの大がかりな予防接種をする決定をしたと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

職員は、両親と学校の先生が教室から病気の子供をすばやく隔離し、積極的に積極的に医師からインフルエンザの予防接種を手に入れるか、診療所を訪ねるように奨励する。

初期の集団予防接種の実行は非常に困難と考えている。
また、両親からの反対があるのではないかと言うことを心配している。

また、マリコーパ・カウンティー職員は今春、新しいH1N1豚インフルエンザで同様の個々でない学校に最初に隔離をし、休校にした。しかし、
インフルエンザ・ウイルスでそのような学校閉鎖が不要になること望んでいる。

もう7月で、秋には第2波のいH1N1豚インフルエンザが来る可能性が高く、予防接種実験の結果は少なくとも6週間くらいを必要とすることから、今から準備しておかないと間に合いそうにないのも現実と言える。

日本は8月末の選挙で予防接種実験はどうなってしまうのか?

選挙が終わってからでは、予防接種実験は遅すぎる。
あんなに大騒ぎし、多くのパフォーマンスをしていたのに、麻生総理、桝添厚生労働大臣は何を考えているのでしょう。

国民の生命を守れないような政府は信用されない。
選挙どころではないはずである。

すぐ嘘と判るパフォーマンスは、悪評だけである。

マリコーパ・カウンティー(Maricopa County)のGoogle Earthポインター情報
33°17'39.54"N,111°35'14.56"W
または、
33.294317, -111.587378

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

gaYa広告