gaYa広告

2009年07月23日

ワイヤレス半導体市場、最悪で2003年代に戻った!

Cellular-Newsは、ワイヤレス半導体のiSuppli社によるグローバル収入レポートから、「One-Two Punch Knocks Wireless Semiconductor Market Back to 2003(ワン・ツーパンチを受けたワイヤレス半導体市場は、2003年代に戻った)」を公開した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

一発目のパンチは「世界的景気後退」、二発目のパンチは「超過在庫」でこのダブルパンチは、2008年のUS$538億から26.7%低下させ、US$394億になり、2003年以来見られなかったレベルへ落ちたと報告している。

2003年はUS$347億で、これはワイヤレスの半導体産業で最低レベルであった。

のiSuppli社の先任のアナリストフランシス・シデコ(Francis Sideco)は、ワイヤレス半導体市場が2009年の後半に入るとき、正常なな状態に戻りはじめ、2010年もそのまま継続するだろうと予測している。

まるで占い師のよう、「2009年がどんな測定でも貧しい年になる間、状態は後半ではグンとよくなっている。」と予測している。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告