gaYa広告

2009年07月23日

ワイヤレス半導体市場、最悪で2003年代に戻った!

Cellular-Newsは、ワイヤレス半導体のiSuppli社によるグローバル収入レポートから、「One-Two Punch Knocks Wireless Semiconductor Market Back to 2003(ワン・ツーパンチを受けたワイヤレス半導体市場は、2003年代に戻った)」を公開した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

一発目のパンチは「世界的景気後退」、二発目のパンチは「超過在庫」でこのダブルパンチは、2008年のUS$538億から26.7%低下させ、US$394億になり、2003年以来見られなかったレベルへ落ちたと報告している。

2003年はUS$347億で、これはワイヤレスの半導体産業で最低レベルであった。

のiSuppli社の先任のアナリストフランシス・シデコ(Francis Sideco)は、ワイヤレス半導体市場が2009年の後半に入るとき、正常なな状態に戻りはじめ、2010年もそのまま継続するだろうと予測している。

まるで占い師のよう、「2009年がどんな測定でも貧しい年になる間、状態は後半ではグンとよくなっている。」と予測している。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。