gaYa広告

2009年07月23日

「金正恩誤報写真」をテレビ朝日に提供したのは韓国現役下士官。

中央日報が、衝撃的情報を公開した。
2009年6月10日に日本テレビ朝日が北朝鮮の後継者に内定した金正恩(キム・ジョンウン)の最近の姿だとして報道し、誤報の騒ぎを起こした顔写真は、韓国軍の現役下士官が提供したものであることが分かったと報告している。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

軍捜査当局と政府関係者によると、京畿(キョンギ)地域の部隊に勤務する下士官Aは今月初め、インターネット・コミュニティーで見つけたBの写真をダウンロードし、テレビ朝日韓国支社の記者に「金正恩の写真」として伝え、日本での研修経験があるAはメディア関係者などソウル駐在日本人との交流活動を続け、テレビ朝日の記者とも親しくしていた。Aは日本メディアが金正日国防委員長の三男・金正恩に格別な関心を持っている点を知り写真を渡したと、政府関係者が言っていると報告した。

テレビ朝日側は問題の写真をマカオにある金正日(キム・ジョンイル)の長男金正男(キム・ジョンナム)の事務所などで確認したが、サングラスをかけた姿だったため錯誤したと報告している。

あるソウル駐在の海外メディア記者は「金正男もインタビューでテレビ朝日側に'金正恩のようだ'という趣旨で答えたと聞いている」と話した。
このためテレビ朝日側は誤報事態の波紋にもかかわらず、本社の幹部に口頭警告だけにとどまった。

軍捜査当局は、下士官Aが写真を伝える過程で自分の身分を将校と詐称して巨額の金を要求したという主張があり、これについて調査も行った。

軍関係者は「Aが渡した写真が軍事機密に該当せず、重い懲戒などの措置を取るのは難しいため、捜査当局が頭を悩ませていると聞いている。」と説明したと報告している。

金正男までが、弟の「金正恩のようだ」と言っていたのでは、テレビ朝日側に落ち度はないかもしれないが、結果として世界中に大恥をかいたスキャンダルだけは記憶に残る。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

gaYa広告