gaYa広告

2009年07月17日

OCO(炭素天文台)の事故原因調査結果。

NASAは2009年02月24日に打ち上げたOCO(Orbiting Carbon Observatory/炭素天文台)の失敗事故原因について、NASA委員会が調査した結果を発表した。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

OCOは大気中の二酸化炭素を研究調査するために開発され、カリフォルニアのバンデンバーグ空軍基地(Vandenberg Air Force Base in California)からロケットTaurus XLで2月24日東部標準時午前4時55分に打ち上げられたが、軌道に乗せるのに失敗した。

メリーランド州グリーンベルトのNASAゴダード宇宙飛行センター(NASA's Goddard Space Flight Center in Greenbelt, Md.)の次長Rick Obenschainは、打上げロケットTaurus XLのフェアリングがコマンドで分離しなかったことを確認した。

フェアリングはハマグリの貝殻構造で、フェアリングが固まり、コマンドで分離しなかったことことから、衛星が計画された軌道に達することができず、破壊された。

委員会は、切り離さないフェアリングの潜在的原因として、4つハードウェアの部品に関連したことを特定した。

OCO(炭素天文台)の打ち上げ失敗は、地球観測にとって非常に大きな損失になった。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト