7月24日

アゼルバイジャン、国の記念日「National Press Day」

RFE(Radio Free Europe)は2008年7月22日に、7月22日はアゼルバイジャンの記念日「National Press Day」であったが、南部コーカサス山脈の国で働く独立系ジャーナリストには、お祝いする理由がほとんど見つからなかったと報告した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

なぜなら、彼らの仲間3人は投獄されたままになっている。
例えば、新聞「Realny Azerbaijan」の編集者Eynulla Fatullayevは、民族の憎しみと脱税から、テロに関連する告発で8年半の刑に服している。

反対新聞「Azadliq」の編集者Qanimat Zahidは、暴行罪で告発され、4年の刑に服している。

反対新聞「Azadliq」の風刺画家で詩人のMirza Sakitは、麻薬関連で3年の刑が請求され、裁判中である。
この3人は、ヨーロッパでは、政治犯と見なされている。

彼らの無罪は、国際的にで地方の監視団体、非政府などで多くの人が信じていて、アゼルバイジャンのイリハム・アリエフ(Ilham Aliyev)大統領に、3人の釈放を要求している。

アゼルバイジャンで投獄された他の6人のジャーナリストは、ここ6ヶ月で釈放された。

アリエフ大統領は、低利融資を含んで、財政援助として国の活字メディアにUS$200万を提供し、法令に調印すると予想されている。

新聞「Realny Azerbaijan」と反対新聞「Azadliq」の副編集長を含むエディタの中には、アリエフ大統領が選挙の前に、国営メディアを金で買うようなものであると言っている人もいる。

また今回の計画は、国家貨幣でアゼルバイジャン人ジャーナリストを扶養家族にすることを目的としていると言い足した人もいた。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。