2008年07月18日

サッカー・ファンの歓声とソリトン(孤立波)の科学実験。

PhysicsWorldは、オランダのロッテルダムで2008年7月20日の昼に、フェイエノールト・スタジアムで5万人のサッカー・ファンが2つの扇動ウェーブ(Mexican waves)を揺るがすが、彼らの扇動ウェーブは物理学の名において、サッカー選手を励まさないとオランダの物理学者が宣言したと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

ェイエノールト・スタジアムで行われる物理学実験は、アイントホーフェン工科大学(Eindhoven University of Technology)の物理学者GertJan van Heijstとアートと科学王立アカデミー(the Royal Netherlands Academy of Arts and Sciences)が、アートと科学王立アカデミー創立200周年と、フェイエノールト・スタジアムの元になったフェイエノールト・グランドができて100周年を祝って実施される。

GertJan van Heijstは、「科学がどれくらいおもしろいかを公衆に示したいと思います。」と言い、記念祭のために家族の目の前で、実験できることが楽しみであると豊富をPhysicsWorldに語った。

実験の目的は、19世紀後半に王立アカデミーのDiederik Kortewegと彼の学生によって数学的に説明された一種の波であるMexican wavesが、ソリトン(solitons/孤立波)と同様に、ウェーブが振る舞うか否かに関係なく、探検することである。
異常に、物理的な媒体を伝わる波に関して、一定のスピードで形を分散するか、または変えないで、孤立波は移動するかを確認することになる。
また、それらが互いに衝突するとき、それらも影響を受けない。そして、それはGertJan van Heijstが人間によって生まれたウェーブで探している特性についてである。

彼は「ウェーブが孤立波であるか否かに関係なく、未決問題です。」
そして、「予測しにくいです。」と言っている。

GertJan van Heijstは、中央のヨーロッパ時間の午後1時15分に、小さなファン・グループにボールが投げ込まれた後、しばらくして立ち上がり、腕を空中で振るように依頼して、それが行われたときから、実験が開始される。
その小さなグループの両隣に接するファンがその動きをコピーして。2回のウェーブがスタジアムを時計回りと、その逆にさざ波を起こす。
その波が、スタジアムの反対側で衝突(GertJan van Heijstは20秒後と予測している)するとき、ウェーブが表れるかどうかを確認するためにカメラでその相互作用をモニタリングする。

GertJan van Heijstは、ウェーブが衝突した後、その実験では繰り返すと言っている。
さらに遠くのファンが悪化して、波を上向きに送り出すなら、それがたとえば、10人でも人と同じくらい近くにアプローチすると予測している。

GertJan van Heijstによって創設された数学的モデル・チームは、「相互作用の長さ」を増加させると言っている。
ただし、ソリトン(孤立波)の特性が発生するくらいのサイズでなければならない。

フェイエノールト・スタジアムのディレクターJan van Merwijkは、凛々となることに注意して、「そのような実験のための現象は完全に起こるでしょう」
「多くの波が私たちの開催地で旋回しているのを見ましたが、私たちは反対の波を一度も経験したことがありません。」 「結果には非常に好奇心が強く、実験が成功であることを願っています。」
と言っている。

ソリトン(孤立波)の最初の実験は、150年以上前にイギリスの技術者ジョン・スコット・ラッセル(John Scott Russell)によって実施されたと報告している。
その報告によると、スコット・ラッセルは、ボートが止まっているとき、突然いくつか30mの長さで大きい波を引き起こしたとき、運河に沿って動いていったのを見ていたと書いている。

つまり、ソリトン通信によるコミュニケーションの実験をサッカー場のファンで起こるウェーブで実験しようと言うのである。

Feyenoord stadium in Rotterdam, the NetherlandsのGoogle Earthポインター情報
51°53'37.94"N,4°31'23.75"E
または、
51.893872, 4.523264

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

この記事に関連する外部のサイト