gaYa広告

2007年07月18日

NGMNが2010年までにモバイル広帯域規格を提示!

未来

イギリスのITPROは、主要なモバイル企業が参加しているNGMN(Next Generation Mobile Networks) allianceが、これからのモバイル・サービスをサポートするために必要な費用対効果に優れたインフラストラクチャを作成するために、規格を作成すると誓約したと報告した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

モバイル広帯域サービスが提供され、高度モバイル環境を利用するモバイル・プレーヤーが増えることが期待されていることから、現在の通信基盤に置き換えられるネットワークの規格を共同で作成すること目的に、NGMNは2010年までに規格を提示することを言い足している。

NGMNには、支持者リストへ新規にAlcatel-Lucent社、Cisco社、Ericsson社、Intel社、Motorola社、Nokia社、Nokia Siemens Networks社、Nortel社、Qualcomm社、Texas Instruments社が参加を表明している。
また、さらに次世代技術の作成に関連しているコストなどの利害関係者にとって、より予測でき、透明にする新しいIPR(Intellectual Property Rights/知的所有権)協定を作成したと発表した。

NGMN議長でT-Mobile InternationalチーフエグゼクティブのHamid Akhavanは、「NGMNは将来の顧客にとってモバイル通信生態系のすべての関係者が参加する存在で、有益な3Gを超えて費用対効果に優れたモバイル技術を開発し、配布するという一般的な目標を追求するために、30以上の産業の重要人物と協力することに関して非常に興奮している。」と述べている。

米国では700MHzオークションが2008年に実施され、これにどのように参画できるかということが通信企業の大きなテーマであり、現在のところ通信事業者とチップ会社だけが参画しているが、将来はコンテンツ会社、とくに700MHzへ意欲を燃やしているGoogleなどがどのように関係してくるかによって、まだ始まったばかりという感じがする。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。