gaYa広告

2007年07月18日

自動車会社フィアットは、衛星ラジオのWorldSpaceと協定締結!

Media Network Weblogは、自動車会社フィアット(Fiat Group Automobiles)がヨーロッパ、中東、アフリカ、インドをはじめとするアジアで衛星ラジオ(デジタル・サテライト・ラジオ放送/satellite radios)を提供している「WorldSpace」との協定にサインしたと報告した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

これでフィアットは、世界で初めて「WorldSpace」の衛星ラジオを聞くことができる自動車メーカーになった。

「WorldSpace」は1日24時間番組、2008年後半からイタリア国中に向け、コマーシャル無しの音楽、ニュース、エンターテインメント、およびスポーツなど、40-50チャンネルの放送を開始する。

「WorldSpace」は番組でさらに、Fiat Group Automobiles専用のチャンネルとして、ディーラー、および顧客向けの放送も織り込む。

2009年後半から、Fiat Group Automobilesは、工場によってインストールされたOEM(Optional EquipMent)として、アルファ・ロメオ(Alfa Romeo)社、およびランチア(Lancia)モデルを、WorldSpace衛星ラジオで紹介する。
さらに、Fiat Group Automobilesは、アフター・マーケット・チャンネルとして、顧客へWorldSpace携帯用衛星ラジオ受信機を提供する。

Fiat Group Automobilesでは、イタリアに加えて、フランス、ドイツ、スペイン、イギリス、トルコ、およびポーランドにもWorldSpace衛星ラジオのサービスを拡大していく計画である。
この衛星ラジオはくせ者で、衛星ラジオの無線を利用することで、ラジオ放送以外にも、これまでとはまったく違った無線サービスへと進化させることも可能である。
なぜ、これまで世界中の自動車会社が、衛星ラジオに着目しないのか不思議であった。
これだけ携帯電話が浸透した中で、日本では衛星ラジオの有用性を生かしていない珍しい先進技術国と言える。

確かに、まだ成功例は少ないが、魅力ある市場であることは疑うことができない。
後は、アイディアである。

衛星ラジオ放送を英語で書くと、「satellite radios」となり、「radios」とはラジオ放送だけではなく、無線通信という意味があることを知れば、その瞬間、サービス枠が一気に拡大される。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告