on-the-time.jp

2006年07月18日

フランスのブログを知るための米国人レポート。

Center for Media Researchは、人は人であるという前提として、フランス語のブロガーの深さを知ることで、詳細な使用と人口学的情報を最近のメディアとマーケティングとしてとらえることができるということで、フランスのブログ状況を紹介した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

もっとも、米国人は以前からフランスにコンプレックスがあり、多くの米国作家はフランスでの生活経験がある。

米国以外では、フランスが主なブログ大国の1つで、「ブログの世界(blogosphere)」の伸びが早い。
最近のrecent exclusive crmmetrix studyによると、フランスのインターネット利用者数の26.7%は少なくとも1カ月に一度ブログを訪問している。

18.8%はブログにコメントを投稿している。
8.1%はブログを作っている。
92.2%のオンライン・ユーザーは、ブログが最もすばらしい表現の自由を可能にするのに同意している。
81.3%は反応して、かつ対話です。
75.7% はblogsdが人々の間の最も親密な関係を作成を可能にする。
62.9%はブログがいかなる他の情報源よりも批判的であると考えられる。

crmmetrixのCEOLaurent Floresは、「ブログのおかげで、インターネットはフランスのインターネット・ユーザーの第一の情報源になりました。これは聴取と話しがソースとして、ブランドと組織に重要になるところで重要な中断マーケティング(interruption marketing)から会話マーケティング(conversation marketing)にまでの移動させた」と解説している。

フランス人のインターネット・ユーザーの中では、だれが相談するかとして定期的にブログを作り出している。

74.4%が行動して情報を獲得している。
57%が経験を共有している。
56.7%がアドバイスを探している。
16-24歳の70.3%、35歳の40.5%がブログを訪ねて情報を得ている。

Subjects別関心の高いブログ(% of respondents)
*News
54.2%
*Music
46.3%
*Leisure
43.8%
*Cinema
41.6%
*Travel
32.7%
*Sport
32.5%
*Dining, cooking, food
27.4%
*Photography
26.4%
*Television
25.6%
*Games
24.9%
*Technology
24.1%
*Fashion
23.5%
*Brands
22.0%
*Medical
21.0%
*Science
20.3%
*Politics
19.4%
*Books, comics, magazines
18.9%
*Art
15.4%
*Marketing, trade
12.3%
*Law
11.6%
*Religion
10.6%
*Industry
8.7%
Source: crmmetrix, "BaroBlogs," June 2006

44.6%の男性と17%の女性がスポーツ・ブログを訪ねる
32.8%の女性と11.7%の男性が医学ブログを訪ねる
音楽に興味を示すのは16-24歳で61.4%、50歳以上で27.4%

ブログの種類と量では、個人的なブロッグが90%、グループ、協会ブロッグが46.3%、およびメディアブログが38.2%、相談にされるブログが読者の 1/3(29.9%)、フランスのブログはブランド・ブログを訪問し、ブログをブランドで対話を開始し、新しいレベルでブランドと交戦するかなりの機会があると考えられる。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。