gaYa広告

2008年07月17日

公民権運動の指導者、オバマ批判で「N-単語」使用!

NewsDayは、公民権運動の指導者として知られているジェシー・ジャクソン(Jesse Jackson)が、フォックス・ニュースが2008年7月6日に放送したインタビューで大統領候補者バラック・オバマを批判したときに「N-単語」使用したことをフォックス・ニュースが確認したと報告した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

その番組は、ニュース・ショー「Fox & Friends」で、最初にTVNewserによって報告されたのは、ジェシー・ジャクソンがレポートをしていたとき、オバマが「黒人を馬鹿にしたように話しかけていた」と言ったと報告した。この「黒人」という言葉が「N-単語」であったと報告している。

フォックスのスポークスマンはTVNewerのアカウントをAP通信で確認したが、ネットワークは、2008年7月6日のショーの完全なコピーをリリースするのを断って、コメントを放送しなかった。

ジェシー・ジャクソンは「有害な単語」について水曜日に声明で謝罪したが、スペインを旅行中と言うことで、詳細については触れなかった。

ジャクソンは文書で、「私は、私の有害な言葉の結果として、引き起こした痛みと悲しみによって深く悲しませ、苦しめた。」 「私は再び上院議員バラック・オバマ、ミシェル・オバマと、またアメリカの一般市民、彼らの子供に謝罪します。私のコメントのための正当化が全くできません、そして、オバマの家族とアメリカの一般市民が私を許すことを願っています。また、私たちが国としてアメリカ国民に影響する実際の問題をアドレスに動かすことができることを祈ります。(I am deeply saddened and distressed by the pain and sorrow that I have caused as a result of my hurtful words. I apologize again to Senator Barack Obama, Michelle Obama, their children as well as to the American public, Jackson said in a written statement. There really is no justification for my comments and I hope that the Obama family and the American public will forgive me. I also pray that we, as a nation, can move on to address the real issues that affect the American people.)」と書いている。

ジャクソンの公民権団体「Rainbow/PUSH Coalition」のスポークスウーマンは、ジャクソンが中傷したかどうかについて、確認できないと言った。
これがテレビという世界なのだろう。

つまり、流されて、どんどん消されていく。
しかし、それで傷を付け、痛めつける。

現在では、YouTubeで確認できるようになった。

「N-単語」の反対でジャクソンに加わったアル・シャープトン(Al Sharpton)は水曜日に、コメントを求められたが、ジャクソンについて議論することを断ったと言った。

彼はAP通信に、「私はだれによるもN-単語の使用に反対しています。そして、私たちが一貫しているに違いないと思います。私たちは単語を使用してはいけません。」と言ったと報告している。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。