gaYa広告

2008年07月17日

3Dインターネット時代が、生活をどう変えるか?

WSJ(Wall Street Journal)は、Benjamin Duranskeのコラム「The 3D Internet Will Change How We Live」を公開し、インターネットのブロードバンド化、システムの処理能力の高度化が、インタフェースをよりリアルにして、現実に近づけてくると報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

とくにWindows Vistaの3Dパネル、任天堂のWiimoteのような運動制御デバイス、表面と身体の動きを追跡するWebcamsまでのハードウェアが、もう普通の消費者のホームに達している。

最終的に、私たちはますますネットワークでつながれた社会になっている。
82%のアメリカのホームは現在、2006年から11%上昇して、現在では米国で82%がインターネット・アクセス環境を持っている。

現在の傾向は、インターネットを3Dスペースに発展させ、そして、仮想世界は人間のコミュニケーションの不可欠の部分になると報告している。
ただし、それは確実にリアル世界とは違う。
ところが、多くの一般ユーザーは3D酔いの世界で錯乱してくることだろう。

麻薬ではない、バーチャル・トリップ状態で、バーチャルとリアルの世界の境界が判らなくなる。

法律も、療法も開発される前に、それが良いかどうかなどと、話し合っている時間がないほど早く、その世界はやってくる。
いや、すでに多くが入ってきている。
そして、それまで「常識」と言われた仮想の良識を超え始めている。

教育者は、何を教えようと言うのか?
このギャップを埋め、超えられる有識者などいるのだろうか?
むやみに禁止して、解決できると考えたら---最悪の結果を招くことになることだろう。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告