2009-06-26

マイケル・ジャクソンの死で、Webに何が起こったか!?

BBC Newsは「Web slows after Jackson's death」を公開し、世界中の人々がマイケル・ジャクソン(Michael Jackson)の死を確認するために急いだとき、インターネットは、多くのスローダウンが起こったと報告した。

巨大なGoogleが、最初にBBCのニュースをコンファームしたとき、攻撃を受け、スターの名前を検索したた何百万人もの人々が検索結果のリストよりむしろエラーページが表示されました。

ユーザーに、「your query looks similar to automated requests from a computer virus or spyware application(あなたのリクエストは、コンピュータ・ウィルスかスパイウェア・アプリケーションで自動化された要求のようです。)」というメッセージが表示された。

Googleのスポークスマンのガブリエル・ストリッカー(Gabriel Stricker)は、「何人かのGoogle Newsユーザーが、午後2時40分から午後3時15分の間で、マイケル・ジャクソン関係の質問のために検索結果にアクセスすることで、エラーページを見たのは、本当です。」と言った。

この時間帯は、公式に死亡が確認された時間帯であった。

Googleのマイケル・ジャクソン関連ページの検索ボリュームが限界に達し、いわゆる「hotness」ゲージでは、話題が「火山」したと評定されたことを示した。

この現象は、Googleに限ったことではなかった。

Twitterにも、サービスを利用することで人々が莫大な量と押しかけた。

サーバがクラッシュする前に、「Michael Jackson」のTweetVolumeが6万6500以上のTwitterアップデートに現れたことに注意した。

ソーシャル・メディアサイトの活動を追跡するWebサービスTrendrrからの初期データによると、木曜日の午後に「Michael Jackson」を含むTwitterポスト数は毎時の合計で10万以上になった。

また、医療補助員が家を訪問したという情報に従って、有名人のゴシップサイトTMZがクラッシュした。

凄いことですね〜

マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)が死んだことで、いたるところでクラッシュが発生した。